テニスのラケッティングで「ラケットでボールに回転をかける」練習を紹介します。

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたら、最初に練習したいラケッティング。

ボールに薄く当てる技術が身につく「ラケットでボールに回転をかける」ラケッティングを紹介します。(薄く当てる = ボールを飛ばす方向ではなく、ボールに回転をかける方向に、ラケットを振ってボールに当てる。)

その他のラケッティングドリルは、こちらをご覧ください。

自宅でも、スポンジボールならラケッティングの練習が可能です。(ただし、十分回りには気をつけてください。)
通常のボールより大きいスポンジボールなら、難易度を下げることもできますよ!

ラケッティングの練習を、【入門】【基本】【応用】に分けて紹介しています。

  • 【入門】・・・【基本】ができない人向けの導入練習
  • 【基本】・・・ぜひマスターしてほしい練習
  • 【応用】・・・【基本】では物足りない人向けの練習

この練習ではグリップをどのように持てばいいの?

ラケットの両面とも回転がかけやすいコンチネンタルグリップで握りましょう。

ラケットでボールに回転をかける。

ラケットを使って、ボールに回転をかけます。

ボールに薄く当てる練習ができます。

【入門】ラケット面を斜めにして、ボールを地面についたら、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ラケット面を手のひらがふせる方向(45度くらい)に傾けます。

手のひら側の傾いたラケット面でボールを地面についたら、ラケットを持ってないほうの手でキャッチします。

慣れてきたら、ボールを地面に2回ついてから、手でキャッチします。

ボールを地面につく回数を少しずつ増やしていきます。

打ったときボールには回転がかかり、地面についたあと、ラケットの方角に戻ってくるはずです。

【基本】斜めに傾けたラケット面で、ボールを連続で地面につく。

上記の練習で、最終的には斜めに傾けたラケット面で、ボールを連続で地面につけるようにします。

できるようなら、手の甲側のラケット面でもチャレンジしてみてください。

【応用】ふせたラケット面で、右から左に、左から右に、ラケットを交互に動かしながら、ボールを連続で地面につく。

手のひら側のラケット面を地面と平行になるまでふせて、ラケットを右から左に動かしながらボールをつきます。

次は、ラケットを左から右に動かしながらボールをつきます。

これを交互に繰り返しながら、ボールを連続で地面につきます。

できるようなら、手の甲側のラケット面でもチャレンジしてみてください。

【入門】ワンバウンドしたボールを下から回転をかけながらついて、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ワンバウンドしたボールを下から回転をかけながらついて、ラケットを持ってないほうの手でキャッチします。(手のキャッチはボールがノーバウンドでもワンバウンドでもかまいません。)

ボールの回転をかけるときですが、手のひらを上に向けて、ラケット面を真上に向けます。

肩を支点に、親指側から小指側へラケットを移動しながらボールをつきます。

始めはゆっくりラケットを移動させて、ボールをラケットの上で転がすイメージでやってみます。

ボールを転がす感覚がわかってきたら、少しずつラケットの移動速度を上げて、ボールに回転をかけるようにします。

慣れてきたら、ワンバウンドしたボールを下から回転をかけながらつくのを2回繰り返してから、手でキャッチします。

ワンバウンドしたボールを下から回転をかけながらつく回数を少しずつ増やしていきます。

慣れてきたら、ボールを下から回転をかけながらついて、ボールがワンバウンドしたら、もう1度下から回転をかけながらついて、もう片方の手でキャッチします。

ボールを下から回転をかけながらつく回数を少しずつ増やしていきます。

反対のラケット面でも、ボールに回転をかけられるようにします。

手のひらを下に向け、ラケットの裏面を真上に向けて、同じように練習します。

【基本】ワンバウンドしたボールを下から回転をかけながら連続でつく。

上記の練習で、最終的にはワンバウンドしたボールを下から回転をかけながら連続でつけるようにします。

できるようなら、ラケットを逆方向(小指側から親指側)に動かして、ボールに反対方向の回転をかけることにもチャレンジしてみてください。

【基本】ノーバウンドでボールを下から回転をかけながら連続でつく。

上記の練習を、ノーバウンドで続けられるようにします。

【応用】ノーバウンドでボールに違う回転を交互にかけながら連続でつく。

上記の練習に、違う回転をミックスさせてやってみます。
組み合わせ方は2種類。

ラケットの両面を使う組み合わせラケットの片面だけを使う組み合わせです。

ラケットの両面を使う組み合わせは、ボールをつくたびにラケット面をひっくり返しながら、回転をかけます。

両面とも親指から小指側にラケットを動かして、ボールをつく方法です。

ラケットの片面だけを使う組み合わせは、同じラケット面を使って、「右から左にラケットを動かして回転をかける」と「左から右にラケットを動かして回転をかける」を交互に行いながら連続でつきます。

以上です。

「ボールに回転をかける」はテニスにおいて必須のスキルなので、【基本】のラケッティングまではマスターしましょう。

「ラケットでボールに回転をかける」練習がある程度できるようになったら、次の「フレームでボールをつく」練習にチャレンジしてみましょう!