【テニスのサーブドリル】壁の前でトスアップして、ボールを壁とラケットではさむ

こんにちは、リョウジです!

壁(もしくはフェンス)の前でトスアップして、ボールを壁とラケットではさむサーブのドリルがあります。

サーブの導入向けドリルですが、どんな効果があるのでしょうか?

練習の仕方や注意点も踏まえて、右利きの場合で説明します。(左利きは、左右逆になります。)

ボールを壁とラケットではさむサーブのドリルはどんな練習か

壁に対して横を向き、スクエアスタンスをとります。

壁に近い左足のつま先を斜め前向きにして、右足のつま先は壁と平行になるように横を向きます。

壁の右上が打点になるように、壁と足との距離を合わせます。

トスをする左手を、壁に沿って上げます。(左腕ではなく、左手です。)

【ステップ1】ラケットを打点に用意しておき、ボールをはさむ

最初のステップは、あらかじめラケットを打点に用意しておきます。

ラケットのスイートスポットにボールが上がったときに、ラケットと壁でサンドイッチします。

ラケットのスイートスポットにボールが上がらないときは、トスアップをやり直します。

トスアップが安定して、繰り返しボールをはさめるようになったら、次のステップに進みます。

【ステップ2】ラケットをテイクバックしておき、ボールをはさむ

今度は、ラケットを立ててテイクバックしたところからスタートします。

右肘を90度まで曲げて、両肩と右肘が一直線になります。

ここから、トスアップをしながらスイングして、ボールをラケットと壁でサンドイッチします。

ボールをはさめるくらいのスイングスピードで、タイミングが合うように練習します。

【ステップ1】の打点にトスが上がらない場合は、スイングせずトスからやり直します。

ボールを壁とラケットではさむサーブのドリルは、どんな効果があるか?

このドリルの効果は主に3つあります。

トスが安定する

打点に上がったボールだけをはさむので、トスが安定します。

打点に上がらなかったボールをはさんだ場合、はさんだ位置を見て、うまくトスが上がっていないことを確認できます。

また、壁がトスアップのガイドの役割をしてくれます。

打点の位置が把握できる

サーブの打点の位置を、この練習で確認できます。

ボールをラケットでコンタクトできる

ボールをうまくはさめるようになれば、ボールをラケットでうまくとらえられるようになります。

ボールにラケットがゆっくり近づく感覚がつかめます。

ボールを壁とラケットではさむサーブのドリルの注意点

正しい打点でボールをはさむ

正しい打点を覚えられるように、立つ場所とボールをはさむ位置には気をつける必要があります。

間違った打点で打つ練習にならないように気をつけます。

コンチネンタルグリップで手首を折らないで打つサーブには合わない

サーブでは、「グリップ・スタンス・トスの方向・スイングの方向」の4つがセットになる記事を書きました。

テニスのサーブで、4つの項目をセットで考える

2018年10月19日

この練習は、下記の組み合わせではできませんので、ご注意ください。

  • コンチネンタルグリップ(手首は折らない)
  • クローズドスタンス
  • 右横にトスアップ
  • 打つ方向の右斜め前にスイング

壁の右上が打点ではないためです。

壁の右上でボールをはさむと、右手首が手の甲側に折れてしまいます。

この練習がマッチするのは、下記の組み合わせです。

  • コンチネンタルグリップ(手首を背屈)
  • スクエアスタンス
  • 右斜め前にトスアップ
  • 打つ方向にスイング
  • イースタングリップ(手首折らない)
  • スクエアスタンス
  • 右斜め前にトスアップ
  • 打つ方向にスイング

以上です。

コートじゃなくてもできる練習なので、サーブの導入ドリルとしては重宝しています。