【自宅でできるテニスの練習】壁を使ってハーフボレー

こんにちは、リョウジです!

自宅でできるテニスの練習の1つにラケッティングがあります。

テニスを始めたら、まずはラケッティング!ボールとラケットに慣れる練習方法を紹介します。

2018年9月4日

地味ですが、ラケットとボールに慣れることができ、グレーディング(力の強弱の調整)の練習にもなります。

過去のリョウジ
ラケッティングより、もっと実際のテニスに役立つ練習がしたい!

もし、スポンジボールと練習に使える壁が自宅にあれば、もう少し実際のテニスに役立つ練習が可能です。

ボールのバウンド直後のタイミングでも打てるようになりたい方に、オススメしたい練習があります。

自宅の壁を使ったハーフボレーの練習法を紹介します。

【ステップ1】身体は正面を向けてミニミニラリー

ハーフボレーの練習をするために、ミニミニラリーで準備を整えます。

ハーフボレーと同じグリップのコンチネンタルグリップで握ります。

まずは、壁を狙って、ワンバウンドで小さくラリーをしてみます。

壁の近くで、身体を正面に向けます。

手首の角度は維持(グリップと前腕の角度が120度くらい)しながら、ラケットヘッドを地面に付くくらい下げます。

ボールはゆっくりになるように、身体の前方で、ラケット面を上に向けてとらえます。

ラケットは振らず、両膝をやわらかく使ってボールをコントロールします。

ミスなく続くようになったら、次のステップに進みます。

【ステップ2】身体を正面に向けたままハーフボレー

【ステップ2】では、身体を正面に向けたままハーフボレーの練習をします。

ボールをバウンド直後にとらえる感覚身体の正面足元でハーフボレーする技術が身につきます。

身体を正面に向けたまま、ボールがバウンドする場所を予測して、ラケットをそこに入れられるようにします。

ボールがバウンド直後に、ラケットでタッチするので、打点は低くなります。

できるかぎり地面に近いところにラケットヘッドを用意します。

実際のハーフボレーでは、相手のコートまでボールを飛ばす必要があるので、インパクトでのラケット面は地面に対して垂直に近くなります。

至近距離の壁にボールをゆっくり飛ばしたいので、【ステップ1】と同様に、身体の前方で、ラケット面を上向きにしてとらえます。

【ステップ1】と同様に、ラケットは振らず、両膝をやわらかく使ってボールをコントロールします。

ラケットのどちらの面でも、打てるように練習します。

【ステップ3】身体を横に向けたままハーフボレー

実戦に近づけるため、身体を横に向けたままハーフボレーの練習をします。

実戦では、横向きになることで、サイドステップを使ってバランスを保ったまま素早くボールのバウンド地点に入れます。

自宅では、横向きで止まったまま、ラケットワークに集中してかまいませんが、打点には注意が必要です。

ラケットを持っている腕が前にくるバックハンドのハーフボレーのほうが、フォアハンドのハーフボレーより打点が前方(壁に近くなる)になります。

バックハンドボレーを両手で打っている方は、どちらのハーフボレーも同じくらいの打点で大丈夫です。

身体を横に向けて、打点の位置に気をつければ、【ステップ2】と同じ要領でハーフボレーが打てます。

【ステップ4】スペースがあるならグランドストロークのショートバウンド

【ステップ3】より壁から離れる空間があれば、グランドストロークのショートバウンド練習も可能です。

グランドストロークのグリップに握り変えて、【ステップ3】の練習を行うだけです。

フォアハンドもバックハンドも、グリップを厚く握り変えていますので、【ステップ3】より打点は前になります。(壁よりになる。)

ハーフボレーと同様、特にスイングする必要はなく、両膝をやわらかく使ってボールをタッチします。

最後に…

普段からハーフボレー(グランドストロークのショートバウンドも)を打っている場合は必要のない練習です。

ですが、バウンド直後にボールを打ったことがほとんどない方には、経験値を稼ぐ練習になるはずです。

バウンド直後にボールを打てるようになると、大幅に守備力が上がり、ラリーが今より続くようになります!