【テニスを始めた人向け】サーブからポイントゲームをしてみよう!




こんにちは、リョウジです!

テニスを始めた人向けに、サーブのドリルを紹介しました。

【テニスを始めた人向け】サーブの導入

2018年10月9日

【テニスを始めた人向け】打ちたい方向にスタンスを決めて、サーブを打ってみよう!

2018年12月3日

【テニスを始めた人向け】まずはトスアップとテイクバックを分けてサーブを打ってみる

2018年12月4日

【テニスを始めた人向け】サーブからクロスラリーにチャレンジしよう!

2018年12月5日

最後に、サーブからのポイントゲームにチャレンジしてみます。

サーブをポイントゲームで使うことで、サーブからゲームが始まるテニスというスポーツに慣れることができます。

オススメのサーブからポイントゲーム3選

オススメのサーブからのポイントゲームを3つ紹介します。

【オススメのサーブからのポイントゲーム】

  • ダブルスコートの縦半分を使って、ストレートでサーブからポイントゲーム
  • ダブルスコートのクロス半面コートを使って、サーブからポイントゲーム
  • シングルスコートでサーブからポイントゲーム

ダブルスコートの縦半分を使って、ストレートでサーブからポイントゲーム

1番やさしいのが、「ダブルスコートの縦半分を使って、ストレートでサーブからポイントゲーム」です。

サーブもその後のラリーもストレート方向を狙うためです。

サーブではまっすぐ狙った方向に打てるかを確認できます。

サーブやグランドストロークをクロスに打てないジュニアにオススメです。

ダブルスコートのクロス半面コートを使って、サーブからポイントゲーム

紹介する3つのポイントゲームの中で1番難しいのが、「ダブルスコートのクロス半面コートを使って、サーブからポイントゲーム」です。

サーブからクロスラリーをポイントゲームにしたものですが、サーブもグランドストロークもクロスに打てる技術がある程度必要です。

また、両サイドを使ってポイントゲームをしていると、隣からボールが飛んでくる可能性があります。

死角からボールが飛んでくると、非常に危険です。

打ち損ねてボールが隣に行った場合は、「ケア!」「危ない!」と叫んで知らせましょう。

シングルスコートでサーブからポイントゲーム

人数が少なければオススメなのが、「シングルスコートでサーブからポイントゲーム」です。

サーブはクロスのサービスボックスを狙いますが、その後は相手のシングルスコートに入ればいいので、グランドストロークのコントロールが不安定でも楽しめます。

クロスにグランドストロークが打てなくても、サーブがクロスに打てるならチャレンジしたいポイントゲームです。

ポイントゲームのルール

ポイントゲームをするとき、サーブ側をチャレンジャー、レシーブ側をチャンピオンにします。

何点先取にするかは、人数やゲームにとれる時間によって決めます。

ポイント数を少なくすれば、チャレンジャー側とチャンピオン側の入れ替わりが早くなります。

ポイント数を多くすれば、じっくりサーブとポイントゲームに取り組めます。

また、レシーバーは勝ち続けている場合、2人相手したら交代にすると対戦相手が変わりやすいです。

セカンドサーブのルールを緩くする

サーブが入らないとチャレンジャー側はなかなかチャンピオン側にいけません。

そんなときは、セカンドサーブのルールを緩くする方法があります。

【セカンドサーブのルールを緩くする】

  • ベースラインより前で打っていいことにする
  • 相手のコートに入ればインにする

ベースラインより前で打っていいことにする

本来は、ベースラインより後ろからサーブは打たなくてはいけません。

もし、サーバーの打つボールが短くなりやすい場合は、セカンドサーブではサービスラインまで前に行き、打ってもいいことにします。

もしくは、サービスラインとベースラインの間のデッドゾーンから打っていいことにします。

ただしセカンドサーブを打った後、ベースラインまでポジションを下げることを忘れないようにします。

このルールは、サーブでボールを遠くに飛ばせないジュニアに有効です。

相手のコートに入ればインにする

本来、サーブは相手コートのサービスボックスに入れないといけません。

もしサーバーが打つボールのコントロールが安定してなければ、セカンドサーブは相手のコートに入ればいいことにします。

つまり、サービスボックス以外のエリアでも、相手のコートに入ればインになります。

サーブでボールの飛距離は出せるけれども、コントロールが安定しない場合に有効なルールです。

最後に…

サーブ練習ではうまくボールを打てても、いざゲームになるとサービスボックスに入れなければいけないプレッシャーがかかります。

サーブからのポイントゲームは、そのプレッシャーをかけながらサーブ練習ができます。

サーブの苦手意識を克服したい場合にも、いい練習になります。