テニスでラケットを引き終わるタイミングは、早ければ早いほどいい?




こんにちは、リョウジです!

ラケットを引き終わるタイミングは、早ければ早いほどいいのでしょうか?

各ショットのラケットが引き終わるタイミングは、下記を指します。

  • グランドストローク → テイクバックが完了したところ
  • ボレー → ラケットセット
  • スマッシュ → テイクバックが完了したところ
  • サーブ → トロフィーポジション

ラケットを引き終わるタイミングは、以前記事にした「ショットの折り返し地点」のことです。

テニスの各ショットを折り返し地点で分けてみる

2018年10月13日

テニスで各ショットの折り返し地点はどんな形か考える

2018年10月16日

まずは「ラケットを引き終わるタイミングはできるかぎり早く」から始めよう!

結論から言えば、「ラケットを引き終わるタイミングはできるかぎり早く」です。

どのショットも、まずはここからスタートします。

その中で、不都合が起きたショットに関しては、下記をマスターしてからラケットを引き終わるタイミングを調整してみます。

いつまでにラケットを引き終わるべきかを知る

ますは、ラケットを早く引き終わり、フォワードスイングの開始するタイミングを覚えます。

そこから逆算して、いつまでに折り返し地点に到達すべきかを知ります。

フォワードスイングを開始するタイミングを覚えることで、いつまでにラケットを引き終わるべきかも見えてくるのです。

ラケットを引き終わるタイミングを調整するとすれば、移動距離の長いショットや待ち時間が長いショット、自分のペースで打てるサーブです。

ラケットワークよりフットワークを優先したり、サーブで高いトスを採用している場合です。(サーブのトロフィーポジションは一瞬です。静止しておくものではありません。)

予想したタイミングに誤差が発生することも計算に入れる

理想としては、タイミングよくラケットを引き終わるのがいいと思うかもしれません。

ラケットが止まらず、流れるようにスムーズにスイングする…

でも、実際には様々な要因で、タイミングには誤差が発生します。

ラケットが引き終わるタイミングが遅い方がいいか、早い方がいいかで比べれば、断然早いほうがショットの失敗するリスクが少なくて済みます。

極論に思えるかもしれませんが、タイミングよくラケットを引き終わろうとすると、そのようなリスクがつきまといます。

ラケットが早く引き終わるメリットとデメリット

ラケットが早く引き終わるメリットとデメリットについて、考えてみます。

ラケットが早く引き終わるメリット

余った時間を有効に使える。

ラケットが早く引き終われば、余った時間を他のアクションに使えます。

グランドストロークやボレーなら、ポジションをより前にとり、相手の時間を奪うこともできます。

フォワードスイングを開始するタイミングに集中できる。

ラケットが早く引き終わっていれば、フォワードスイングの開始するタイミングに集中できます。

ラケットを引き始めるタイミングやラケットを引き終わるタイミングをいちいち気にしないで済みます。

ラケットが早く引き終わるデメリット

長い距離の移動がしづらい。

ラケットが早く引き終わると、長い距離の移動がしづらいです。

やってみればわかりますが、ラケットと両腕を定位置に止めたまま、走るのは大変です。

力みやすい。

ラケットが早く引き終わると、力みやすいです。

ラケットが引き終わり、しばらくその状態が続くと、その形を維持するために力が入ります。

止まっている状態が短い方が力みにくいです。

逆に、ラケットが引き終わるタイミングが遅く、フォワードスイングの開始が遅れると、間に合わせるためにスイングスピードが上がり、これもまた力みやすくなります。

ラケットを2度引きしやすい。

ラケットが早く引き終わると、ラケットを2度引きしやすいです。

スイングに助走をつけるために、さらにラケットを引いてしまうためです。

これは技術的な問題でもあり、最初からスイングスピードを上げようとすると起こります。

スイングスピードをゆっくりからスタートして、徐々に上げていくことで改善できます。

そのためには、インパクトでラケットが間に合うように、フォワードスイングを開始するタイミングを早める必要がありますが…

見えているものと意識していることの違い

うまくボールを打っている人は、タイミングよくラケットを引き終わっているように見えます。

ですが、本人の意識は見た目と違う可能性があります。

「準備はできるかぎり早くする。」

そんな風に意識しているかもしれません。

そして、遅くてもこのタイミングまでには、ラケットを引き終わっていないといけない…

そのタイミングを身体は知っています。

テニスのラケットが引き終わるタイミングについて

他の動作が自動的に優先されているからではないでしょうか?

ラケットを引く動作と同時進行で間に合うならいいですが、他の動作を優先せざるを得ないこともあります。

例えば、ボールを走って追いかけているときです。

それでも、準備はできるかぎり早くと意識しているはずですが…

以上、「テニスでラケットを引き終わるタイミングは、早ければ早いほどいい?」でした。