テニスのグランドストロークでジャックナイフはどんなときに使う?

こんにちは、リョウジです!

テニスで華やかなショットといえば、空中で足を蹴りながら打つジャックナイフです。

決め球として余裕がある場面で使われますが、それだけではありません。

苦しい場面でもジャックナイフは使われます。

テニスのグランドストロークでジャックナイフはどんなときに使う?

テニスのグランドストロークでジャックナイフはどんなときに使う?

テニスのグランドストロークでジャックナイフはどんなときに使うのでしょうか?

【ジャックナイフを使う場面】

  • 早いテンポで打つとき
  • 高い打点で打つとき

早いテンポで高い打点で打つときも、ジャックナイフは使えます。

早いテンポで打つとき

まずは、ジャックナイフを攻撃的に使う場合です。

ジャックナイフは自分からボールに向かっていけば、スタンスを決めてから打つより早くボールを打ちにいけます。

早いテンポで打ちにいけるので、相手の時間を奪うことができます。

フォアハンドストロークでジャックナイフを使うとしたら、早いテンポで打ちたいときです。

高い打点で打つとき

もう1つは、ジャックナイフを守備的に使う場合です。

ジャックナイフは高い打点で打たなければならないときにも使います。

特にバックハンドストロークの高い打点では力が入りづらいです。

ジャックナイフを使って空中で打てば、力の入る打点まで落として打つことができます。

どちらかというと、相手の弾むボールに打たされているジャックナイフです。

ジャックナイフを使うデメリット

ジャックナイフを使う場面こそが、ジャックナイフのメリットです。

すなわち、ジャックナイフのメリットは「早いテンポで打てる」と「高い打点で打てる」です。

では、ジャックナイフを使うデメリットは何でしょうか?

ジャックナイフのデメリットは、コントロールの精度が落ちやすいことです。

ジャックナイフは地面を足で踏んで打てないので、バランスが崩れやすいです。

さらに、片足を上げながらジャンプして、空中で足を蹴りながらボールを打ちます。

ジャックナイフは、身体のバランスを保つため、強い体幹とバランス感覚が必要です。

【ショット別】ジャックナイフの難易度と必要性

【ショット別】ジャックナイフの難易度と必要性

フォアハンドストロークと両手打ちバックハンドストローク、片手打ちバックハンドストロークのジャックナイフの難易度と必要性を比較してみました。(あくまでもわたしの主観です。)

【ジャックナイフの難易度】
片手バック > 両手バック > フォア
※左ほど難しい、右ほどやさしい

【ジャックナイフの必要性】
両手バック > 片手バック > フォア
※左ほど必要、右ほど不必要

フォアハンドストローク

フォアハンドストロークのジャックナイフは、利き手でスイングでき、空いている手で身体のバランスもとれます。

難易度はバックハンドストロークに比べれば低く、1番習得しやすいです。

けれども、フォアハンドストロークでジャックナイフが使えなくても困ることはありません。

地面を踏んでスタンスを決めて打ったほうが、高く上がったボールを強く打てて、コントロールの精度も高いからです。

両手打ちバックハンドストローク

両手打ちバックハンドストロークのジャックナイフは、両手で握っているラケットを空中で振り回す難しさがあります。

ですが、空中で力が入りづらくても両手でカバーすることができます。

ジャックナイフを使うことができれば、バックハンドストロークの弱点の1つである高く弾むボールを、下がらずに対応できます。

リターンでアグレッシブに攻撃したいときにも、ポジションを前にとって早いテンポで打てます。

攻守にわたってジャックナイフの恩恵を1番受けているのが、両手打ちバックハンドストロークです。

片手打ちバックハンドストローク

3つのショットの中で1番難易度が高いのが、片手打ちバックハンドストロークです。

片手打ちバックハンドストロークは、高い打点では力が入らず、身体が回りすぎるとボールをクロスに引っかけてしまいます。

両手打ちバックハンドストロークのように、ジャックナイフを積極的には使えません。

ですが、下がる時間がなく、高い打点で打たざるを得ないときに、片手打ちバックハンドストロークのジャックナイフは必要になります。

以上、「テニスのグランドストロークでジャックナイフはどんなときに使う?」でした。