テニスのグランドストロークでは2つのグリップを所有しなければならない




こんにちは、リョウジです!

「テニスのグランドストロークでは2つのグリップを所有しなければならない。」

上の言葉の意味は、フォアハンドストロークとバックハンドストロークでグリップチェンジしなくてはならないという意味ではありません。

そもそも、フォアハンドストロークとバックハンドストロークでグリップチェンジをしないで打てる握り方もあります。

上の言葉の意味は、「フォアハンドストロークもバックハンドストロークもそれぞれ2つのグリップを所有しなくてはならない」という意味です。

なぜグランドストロークでは2つのグリップを所有しなければならないのか?

なぜグランドストロークでは2つのグリップを所有しなければならないのか?

それは、フォアハンドストロークもバックハンドストロークも、2つのスイングを使い分けなくてはならないからです。

そう、トップスピンとスライスです。

トップスピンとスライスでは、適したグリップが違います。

メインとなるトップスピンのグランドストロークは、プレイスタイル・身体的条件・育った環境などでグリップの厚さはいろいろです。

ただ、コンチネンタルグリップより厚いグリップにして、後ろからの支えを強くしている方がほとんどだと思います。

スライスに関しては、ボレーと同じコンチネンタルグリップもしくはそれに近い薄いグリップが適しています。

テニスでは、最終的にトップスピンとスライスの両方が必要になります。

そして、双方とも回転量を調節して、薄い当たりで打ったり、厚い(フラットな)当たりで打つことが必要です。

スライスを積極的に使わない人でも、相手のサービスが強烈なら、コンチネンタルグリップでブロックせざるを得ない場合があります。

スライスでしか返球できない遠いボールもあります。

ドロップショットを打つなら、薄いグリップに握り替えます。

トップスピンロブだけではなく、薄いグリップでロブを打つこともあります。

グランドストロークでは、2つのグリップを所有することを最初から覚悟しなくてはいけない

だからテニスをするなら、「グランドストロークで2つのグリップを所有することを覚悟しなくてはいけない」ということです。

2つのグリップを習得するまで、長い時間がかかります。

トップスピンとスライスの相反する技術がお互いにつぶし合います。

どちらかが上達すれば、もう片方のスイングがおかしくなる。

今までできていたものが、いとも簡単に壊れてしまう…

異なる2つのスイングを壊し合いながら、お互いを高め合う次元までたどり着かないといけない。

そしていつか、トップスピンとスライス、お互いの足りない部分を補いながら、より高いレベルのテニスになることを信じて…

2つのグリップを所有しなくてもいい場合もある

もちろん、例外も考えられます。

下記の場合は、2つのグリップを使い分ける必要はありません。

  • 【フォアハンド】【バックハンド】トップスピンもコンチネンタルグリップ(もしくはそれに近いグリップ)で打っている。
  • 【フォアハンド】コンチネンタルグリップの裏面でトップスピンを打っている。

もし、グランドストロークのトップスピンもコンチネンタルグリップ(もしくはそれに近いグリップ)で打っていれば、2つのグリップを所有する必要はありません。

ワングリップでトップスピン・フラット・スライスを打ち分けられます。

ただし、フォアハンドストロークと片手打ちバックハンドストロークに関しては、後ろからの支えが弱いので強いリストが必要です。

両手打ちバックハンドストロークなら、両手を薄いグリップで握っていてもボールに負けづらいです。

フォアハンドストロークに関しては、コンチネンタルグリップの裏面でトップスピンを打てるならワングリップで打てますが、そこまでグリップが厚いとワングリップにするメリットがあまり感じられません。

以上、「テニスのグランドストロークでは2つのグリップを所有しなければならない」でした。