トレーニング

継続するなら葛西紀明選手のレジェンドストレッチがいい

身体が柔らかいと、テニスのさまざまな場面で生きてきます。広いスタンスをとり、バランスを崩さずボールを返せたり、広い可動域で大きくスイングできたり…いつも三日坊主になってしまう、そんなわたしにピッタリのストレッチ本がありましたので紹介したいと思います。

塵も積もれば山となる!テニスで骨盤の動きを磨くメリット

運動連鎖をスムーズにしてパワフルなスイングを身につけるなら、メディシンボールを投げたり、ダブルグリップのメディシンボールを振り回す方法があります。上記のトレーニングと並行して、スクエアスタンスでの骨盤の動きを練習すると、さらに磨きがかかります。

テニスのグランドストロークを、ダブルグリップのメディシンボールでトレーニングするのは非常に危険?

ダブルクリップのメディシンボールは両手でグリップをつかめるので、安心してメディシンボールを振り回せます。しかし、間違った方向に繰り返しスイングしていると、グランドストロークの繊細なスイングを破壊する危険があります。