テニスのトレーニングは実際の形に近くしないと効果が現れにくい?

こんにちは、リョウジです!

テニスをしているときに、トレーニングした効果が現れるとうれしいですよね。

トレーニングをしてよかったなと思います。

ところが、トレーニングをしてもテニスでその効果があまり感じられないこともあります。

「トレーニングの効果が現れるまで時間がかかるのか?」

確かにトレーニングによって、効果が現れるまでにかかる時間は違います。

「それとも、トレーニングのやり方が間違っている?」

トレーニングのやり方が間違っていたり、鍛えたいところとは違う箇所のトレーニングを行っていたとしたら、当然効果は現れません。

もう1つの可能性としては、トレーニングの内容がテニスから遠すぎて効果が現れない場合です。

トレーニングは実際の形に近くしないと効果が現れにくい

トレーニングは実際の形に近くしないと効果が現れにくいです。

トレーニングで鍛えても、それをテニスの中でどう生かせばいいのかわからないからです。

20年以上前の話ですが、ジュニアテニススクールの中級クラス(3つあったクラスの真ん中のレベル)にある女の子がいました。

その生徒さんは、ダッシュのトレーニングをするとクラスで1番早かったのです。

学校ではリレーの選手をしていると言っていました。

ところが、球出しでグランドストロークの左右に振り回しをする練習を行うと、まるで別人のように走るのが遅くなってしまうのです。

その女の子にダッシュで勝てなかったクラスの生徒たちのほうが、左右の振り回し練習では早くボールに追いついていました。

その光景を見て、当時若かったわたしはとても不思議に思いました。

同じように走る動作が入っているのに、なぜラケットを持ってボールを追いかけると、あんなに遅くなってしまうのかと。

ボールの弾道を予測する力、ボールを追いかける動作、止まってスタンスを決める動作、切り返す動作など、ダッシュにない要素が振り回しにはあります。

わたしは、それをわかっていなかったので、振り回しも足が速ければいいと勘違いしていました。

その後、クラスの担当コーチは、生徒たちに左右の振り回しをイメージさせて、動きながらの素振りをさせていました。

トレーニングした効果を引き出すために知っておきたいこと

トレーニングを正しいフォームで行うのは大切です。

ターゲットの箇所にしっかり刺激を送り、ケガ防止にもつながります。

ただ、トレーニングをしてもその効果がテニスで発揮できないのであれば報われません。

今やっているトレーニングでテニスの何がよくなるのかがわからないと、モチベーションを維持できないばかりではなく、効果も発揮しづらいです。

下記の本テニス解体新書では、各トレーニングで鍛えられる筋肉とどのショットのどういう動きがよくなるかが書いてあります。

トレーニングのモチベーションを保ちやすく、テニスのどの動きに効果が現れるかもわかります。

トレーニングの種目が豊富で、見ているだけで満足してしまいますが…

てっとり早く効果が現れるトレーニングがしたい

正しい呼吸法、正しい姿勢、正しいバランス、正しい立ち方、正しい歩き方、正しい走り方、正しいスクワット、正しいランジ…

正しいやり方で上記のトレーニングをすることが大事なのは、トレーニングの本を読めばよくわかります。

動きを突き詰めると、基本的な動作から改善していくことになります。

そして、基本的な動作をテニスの動作につながるようにまたトレーニングしていく…

これでは修行僧みたいで、気が遠くなりそうです。

限界まで高めるアスリートなら、必要性を感じて実践するでしょう。

わたしのような普通の人間には耐えられません。

それよりも、てっとり早く効果が現れるトレーニングをやりたい。

スクワットやランジをやるなら、正しいフォームを意識するより、実際のテニスの場面をイメージして、ラケットを持ちながら行いたい。

テニスのスイングでスクワットを楽しくトレーニングしちゃダメですか?

2019年3月9日

ボールを追いかければバランスを崩してしまいますが、シャドウスイング(素振り)なら姿勢を気にしながら行うことができます。

とにかく、実際の形に近くして、効果が現れるトレーニングをしたい。

トレーニング自体も楽しくできるように…

それでダメだったら、基本的な動作から改善することを考えればいいのかなと思う今日この頃です。