テニスのラケッティングで「ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく」練習を紹介します。

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたら、最初に練習したいラケッティング。

グランドストロークのラリーの基礎となる「ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく」ラケッティングを紹介します。

その他のラケッティングドリルは、こちらをご覧ください。

自宅でも、スポンジボールならラケッティングの練習が可能です。(ただし、十分回りには気をつけてください。)

通常のボールより大きいスポンジボールなら、難易度を下げることもできますよ!

ラケッティングの練習を、【入門】【基本】【応用】に分けて紹介しています。

  • 【入門】・・・【基本】ができない人向けの導入練習
  • 【基本】・・・ぜひマスターしてほしい練習
  • 【応用】・・・【基本】では物足りない人向けの練習

この練習ではグリップをどのように持てばいいの?

コンチネンタルグリップで握るのがベストですが、グランドストロークのグリップでも大丈夫です。

慣れたら、コンチネンタルグリップにもチャレンジしてみてください。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく。

ラケットを使って、ワンバウンドしたボールを下からつきます。

ラケットで、余裕を持って、ボールの下部をとらえる練習ができます。

【入門】ワンバウンドしたボールを下からラケットでついて、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでついてからキャッチ

ワンバウンドしたボールを下からラケットでついてから、ラケットを持ってないほうの手でキャッチします。(手のキャッチはボールがノーバウンドでもワンバウンドでもかまいません。)

慣れてきたら、ボールを下からラケットでついて、ボールがワンバウンドしたらもう1度下からラケットでついてから、手でキャッチします。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドで2回ついてからキャッチ

ボールを下からつく回数を少しづつ増やしていきます。

【基本】ワンバウンドしたボールを下から連続でつく。

上記の練習で、最終的にはワンバウンドしたボールを下から連続でつけるようにします。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを連続でつく

【基本】ラケットの両面を交互に使って、ワンバウンドしたボールを下から連続でつく。

慣れてきたら、ラケットの両面を交互に使って、ワンバウンドしたボールを下から連続でつけるように練習します。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ラケットの両面を交互に使ってつく

【応用】ラケット面とフレームを交互に使って、ワンバウンドしたボールを下からつく。

ラケット面とフレームを交互に使って、ワンバウンドしたボールを下からつけるように練習します。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ラケット面とエッジを交互に使ってつく

【基本】ワンバウンドしたボールを下からつく練習を2人で行う。

ワンバウンドしたボールを下からつく練習を2人で行います。

最初は、2回ずつ打ったら相手と交代します。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドで2回打ってから交代する

慣れてきたら、ワンバウンドしたボールを交互に下からつきます。

ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく

ワンバウンドで交互に打つ

うまくいかない場合は、2人の間にテニスボール4つで作ったピラミッドを用意して、そこに落ちるようにお互い打つようにします。

以上です。

【応用】のフレームを使うドリルですが、フレームだけでつく練習を別途用意しているので、難しいようだったら飛ばしてください。

「ワンバウンドしたボールを下からラケットでつく」練習がある程度できるようになったら、次の「ノーバウンドでボールを下からラケットでつく」練習にチャレンジしてみましょう!