テニスのラケッティングで「地面に落ちているボールを拾う」練習を紹介します。

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたら、最初に練習したいラケッティング。

遊び感覚で身につけたい「地面に落ちているボールを拾う」練習を紹介します。

その他のラケッティングドリルは、こちらをご覧ください。

自宅でも、スポンジボールならラケッティングの練習が可能です。(ただし、十分回りには気をつけてください。)
通常のボールより大きいスポンジボールなら、難易度を下げることもできますよ!

ラケッティングの練習を、【入門】【基本】【応用】に分けて紹介しています。

  • 【入門】・・・【基本】ができない人向けの導入練習
  • 【基本】・・・ぜひマスターしてほしい練習
  • 【応用】・・・【基本】では物足りない人向けの練習

この練習ではグリップをどのように持てばいいの?

ラケットのフレームから振りやすいコンチネンタルグリップで握りましょう。

地面に落ちているボールを拾う。

地面に落ちているボールを拾う練習です。

いろいろなボールの拾い方を知ることができます。

【入門】ラケットと足の外側でボールをはさみ、上下させる。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

はさんだボールを上下させる

ラケットと足の外側でボールをはさみます。

ボールをはさんだまま、膝を上げてボールを高く上げます。

ボールをはさんだまま、地面まで落とします。

これを繰り返して、ボールを落とさないように上下できるようにします。

【基本】ラケットと足の外側でボールをはさみ、一気にボールを持ち上げて、手でボールをキャッチする。

上の入門練習ができるようになったら、ラケットと足の外側ではさんだボールを、同じ要領で一気に持ち上げます。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

持ち上げる勢いを使ってボールをキャッチ

上がったボールを、ラケットを持っていないほうの手でキャッチします。

【入門】ラケットと足の内側でボールをはさみ、上下させる。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

はさんだボールを上下させる

今度は、ラケットと足の内側でボールをはさみます。

ボールをはさんだまま、膝を上げてボールを高く上げます。

ボールをはさんだまま、地面まで落とします。

これを繰り返して、ボールを落とさないように上下できるようにします。

【基本】ラケットと足の内側でボールをはさみ、一気にボールを持ち上げて、手でボールをキャッチする。

上の入門練習ができるようになったら、ラケットと足の内側ではさんだボールを、同じ要領で一気に持ち上げます。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

持ち上げる勢いを使ってボールをキャッチ

上がったボールを、ラケットを持っていないほうの手でキャッチします。

【応用】地面に落ちているボールをラケットですくい上げてキャッチする。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

ボールを勢いよくすくい上げる

地面に落ちているボールの横に、ラケットを立てて地面に置きます。

地面に付いているラケットのフレームを、ラケットを寝かせながら勢いよくボールの下に入れます。

ラケット面が地面と平行になり、ボールをすくい上げてキャッチします。

【応用】地面に落ちているボールを、上からラケットのフレームで叩いて、ラケットでキャッチする。

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

地面に落ちているボールを拾う

ボールの端をラケットのエッジで上から叩く

地面に落ちているボールのはじっこを、上からラケットのフレームで叩きます。

地面に落ちているボールを拾う

赤い部分を上から叩く

ボールに回転がかかり、地面から少し浮きます。

地面から浮いた一瞬に、ボールの下に寝かせたラケットを入れて、ボールをキャッチします。

最後に…

ラケットでボールを地面に弾ませながら拾う方法もあります。

ラケットを使ってボールを地面につく

ラケットを使ってボールを地面につく

ラケットを使ってボールを地面につく

ラケットを使ってボールを地面につく

ラケットを使ってボールを地面につく

ラケットを使ってボールを地面につく

地面にあるボールを弾ませて拾う

(テニスのラケッティングで「ラケットを使ってボールを地面につく」練習を紹介します。の記事にやり方を記載しています。)

「地面に落ちているボールを拾う」練習は、テニスの上達には直接関係ありません。

ですが、ボールを拾う機会はこれから先何度もあります。

ぜひマスターして、積極的に使ってみてください!