テニスのラケッティングで1番やさしい「ラケットの上にボールを乗せる」練習を紹介します。

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたら、最初に練習したいラケッティング。

まずは、ラケッティングの中で1番やさしい「ラケットの上にボールを乗せて、落とさないようにバランスをとる」練習を紹介します。

その他のラケッティングドリルは、こちらをご覧ください。

自宅でも、スポンジボールならラケッティングの練習が可能です。(ただし、十分回りには気をつけてください。)

通常のボールより大きいスポンジボールなら、難易度を下げることもできますよ!

ラケッティングの練習を、【入門】【基本】【応用】に分けて紹介しています。

  • 【入門】・・・【基本】ができない人向けの導入練習
  • 【基本】・・・ぜひマスターしてほしい練習
  • 【応用】・・・【基本】では物足りない人向けの練習

この練習ではグリップをどのように持てばいいの?

コンチネンタルグリップで握るのがベストですが、やりやすいグリップでも大丈夫です。

慣れたら、コンチネンタルグリップにもチャレンジしてみてください。

ラケットの上にボールを乗せて、落とさないようにバランスをとる。

ラケットの上にボールを乗せることで、ラケット面を保つ練習ができます。

【基本】ラケットのフレームの内側で、ボールを転がす。

ラケットのフレームの内側で、ボールを転がします。

慣れたら、ボールを反対回しで転がしてみます。

テニスのボールを転がすラケッティング

テニスのボールを転がすラケッティング

テニスのボールを転がすラケッティング

テニスのボールを転がすラケッティング

【基本】ボールをラケットの上に置いたまま、落とさないように歩いてみる。

ボールをラケットの上に置いたまま、落とさないように歩いてみます。

ボールがラケットの中心で止まるように、バランスをとります。

テニスでボールを乗せたまま歩くラケッティング

【基本】ボールをラケットの上に置いたまま、落とさないように走ってみる。

ボールをラケットの上に置いたまま、落とさないように走ってみます。

走る場所がなければ、短い距離で切り返しながらやってみます。

テニスでボールを乗せて走るラケッティング

もしくは、サイドステップをしながら、短い距離で切り返しながらやってみます。

以上です。

「ボールを落とさずラケッティング」ができるようになったら、次の「ラケットを使ってボールを地面につく」練習にチャレンジしてみましょう!