テニスのラケッティングで「フレームでボールをつく」練習を紹介します。

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたら、最初に練習したいラケッティング。

ラケッティングで1番難しい「フレームでボールをつく」練習を紹介します。

その他のラケッティングドリルは、こちらをご覧ください。

自宅でも、スポンジボールならラケッティングの練習が可能です。(ただし、十分回りには気をつけてください。)

通常のボールより大きいスポンジボールなら、難易度を下げることもできますよ!

ラケッティングの練習を、【入門】【基本】【応用】に分けて紹介しています。

  • 【入門】・・・【基本】ができない人向けの導入練習
  • 【基本】・・・ぜひマスターしてほしい練習
  • 【応用】・・・【基本】では物足りない人向けの練習

この練習ではグリップをどのように持てばいいの?

コンチネンタルグリップで握るのがベストですが、あえてグランドストロークのグリップでチャレンジするのもおもしろいと思います。

フォアハンドストローク、バックハンドストローク、どちらのグリップでもかまいません。

フレームでボールをつく。

フレームだけでボールを打つ難易度の高い練習です。

インパクトでのラケット面が安定する効果があります。

【入門】ボールをフレームで地面についたら、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ボールをフレームで1回地面についたら、ラケットを持ってないほうの手でキャッチします。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

フレームで1回地面についたらキャッチ

慣れてきたら、ボールを地面に2回ついてから、手でキャッチします。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

フレームで2回地面についたらキャッチ

ボールを地面につく回数を少しづつ増やしていきます。

【基本】フレームでボールを連続で地面につく。

上記の練習で、最終的にはフレームでボールを連続で地面につけるようにします。

フレームでボールをつく

フレームで地面に連続でつく

【入門】ワンバウンドしたボールを下からフレームでついて、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ワンバウンドしたボールを下からフレームでついてから、ラケットを持ってないほうの手でキャッチします。(手のキャッチはボールがノーバウンドでもワンバウンドでもかまいません。)

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

ワンバウンドしたボールを下からフレームでついてキャッチ

ボールは高く弾まないので、ラケットヘッドを落としてサイドフレームの下のほうでつきます。

慣れてきたら、ボールを下からフレームでついて、ボールがワンバウンドしたらもう1度下からフレームでついてから、手でキャッチします。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

ワンバウンドしたボールを下からフレームで2回ついてキャッチ

ボールを下からフレームでつく回数を少しづつ増やしていきます。

【基本】ワンバウンドしたボールをフレームで下から連続でつく。

上記の練習で、最終的にはワンバウンドしたボールをフレームで下から連続でつけるようにします。

フレームでボールをつく

ワンバウンドしたボールをフレームで下から連続でつく

【基本】ノーバウンドでボールを下からフレームでついて、ラケットを持ってないほうの手でキャッチする。

ノーバウンドでボールを下からフレームでついてから、ラケットを持ってないほうの手を使って、ノーバウンドでキャッチします。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

ノーバウンドでボールを下からフレームでついてキャッチ【ラケットが水平の場合】

ラケットヘッドを落として、サイドフレームの下のほうでついてもOKです。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

ノーバウンドでボールを下からフレームでついてキャッチ【ラケットヘッドを落とした場合】

やりやすいほうで練習してみてください。

慣れてきたら、ノーバウンドでボールを下から2回フレームでついてから、手でキャッチします。

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

フレームでボールをつく

ノーバウンドでボールを下からフレームで2回ついてキャッチ【ラケットが水平の場合】

ノーバウンドでボールを下からフレームでつく回数を少しづつ増やしていきます。

【応用】ノーバウンドでボールを下からフレームでつき続ける。

ノーバウンドで、ミスするまでボールをフレームでつき続けます。

フレームでボールをつく

ボールを地面に落とさずフレームでつき続ける【ラケットが水平の場合】

フレームでボールをつく

ボールを地面に落とさずフレームでつき続ける【ラケットヘッドを落とした場合】

ワンバウンドしてしまっても、ラケット面で下からついて、1度立て直してから、またフレームでつき続けます。

紹介するラケッティングの中では、もっとも難しい練習です。

以上です。

つながらなくてもいいので、フレームで打つ回数を増やして、フレームつきの最高記録を伸ばしてみてください。

「フレームでボールをつく」練習がある程度できるようになったら、次の「高く上げたボールをラケットでキャッチする」練習にチャレンジしてみましょう!