【スマッシュのドリル】テニスボールの真上をとらえて地面に叩きつける




こんにちは、リョウジです!

スマッシュでボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルを知っていますか?

このドリルの効果とやり方について説明します。

ボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルの効果

ボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルの効果は下記の3つです。

  • ボールの真後ろより上側をとらえやすくなる。
  • ボールを強く叩きつける感覚が身につく。
  • コンパクトなフォロースルーでラケットヘッドを加速できる。

ボールの真後ろより上側をとらえやすくなる

ボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルの効果

手首を折らずにインパクトできる

このドリルは、手首を背屈(手の甲側に折る)してしまい、ボールの真後ろや下側をとらえてしまう場合に有効です。

ボールの真上をとらえることで、手首を折らずにインパクトできるようになり、ボールの真後ろよりも上側をとらえられるようになります。

ボールを強く叩きつける感覚が身につく

ボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルの効果

力の入りやすい身体の前の打点で打てる

このドリルを練習することで、ボールを強く叩きつける感覚が身につきます。

力の入りやすい打点で地面に向かって勢いよく打ち下ろすので、叩きつけられたボールは高く上に弾むはずです。

コンパクトなフォロースルーでラケットヘッドを加速できる

ボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルの効果

ネットにラケットが当たらないようにフォロースルー

このドリルを練習することで、コンパクトなフォロースルーでラケットヘッドを加速できます。

ネットより奥(相手のコート)でボールを打ち下ろした後、長くフォロースルーをとるとネットに当たってしまいます。

フォロースルーをネットに当たる前に止めないといけないので、フォロースルーは必然的にコンパクトになります。

腕の動きを止めることでラケットヘッドが加速して、スイングスピードを上げることができます。

スマッシュでボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルのやり方

スマッシュでボールの真上をとらえて地面に叩きつけるドリルのやり方を説明します。

スマッシュを打つ人は、ネットにつめてスクエアスタンスで構えます。

球出しをする人は、ベースライン付近からボールを出します。

球出しは、通常のスマッシュの球出しよりも弾道を低くして、ネットを超えないように短く落とします。

本来テニスでは、ネットを越える前に相手のコートでボールを打つと失点になってしまいます。

このドリルでは、わざとネットを越えて相手コートの空間でボールを打つようにします。

ボールが地面に落ちる前に、前方の低い打点でボールの真上をラケットでとらえて地面に叩きつけます。

打点で腕を止めるつもりで打つと、ラケットヘッドが走ります。

ボールを叩きつける感覚が身についたら、通常のスマッシュ練習に移ります。

同じように打ち下ろす感覚を持ちながら打てるように、両肩のラインを後方下側に傾けてテイクバックします。

両肩のラインを後方下側に傾けている分、ドリルで叩きつけた打点よりも高く後方になることに気をつけます。

スマッシュの威力を高めたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

下記のドリルを併用すると、さらに効果的です。

【スマッシュのドリル】テニスボールを高く弾ませながら地面について、リストワークを覚える

2018年11月13日

以上、「【スマッシュのドリル】テニスボールの真上をとらえて地面に叩きつける」でした。