【スマッシュのドリル】テニスボールを高く弾ませながら地面について、リストワークを覚える

こんにちは、リョウジです!

スマッシュのインパクトで手首を背屈(手の甲側に折る)してしまうと、打点が低く前方になってしまいます。

そうなると、ネットミスをしたり、アンダースピンがかかってアウトしてしまったりします。

ラケットヘッドを返し、リストワークを使ってスマッシュが打てるように、テニスボールを高く弾ませながら地面につくドリルを紹介します。

【ドリル前に確認】大前提はコンチネンタルグリップで握ること

ドリルを始める前に、まずコンチネンタルグリップで握っているか確認してみてください。

厚めのグリップで握っていると打点は前になり、必然的に手首は手の甲側に折れた状態でインパクトを向かえます。

コンチネンタルグリップで握った上で、このドリルを開始します。

コンチネンタルグリップより多少薄いグリップ(バックハンド側に握るグリップ)ならリストワークを使えるので、そのままでもかまいません。

ボールを高く弾ませながら地面につく

コンチネンタルグリップで握ったラケットを使って、バスケットボールのようにボールを地面につきます。

低いところでボールをつくと、手首は背屈してしまいます。

打点が低く前方で打ってしまうスマッシュは、この状態でインパクトを迎えているのと同じです。

ボールを弾ませて打点を高くしていくと、手首の背屈はなくなり、まっすぐになります。

さらにボールを弾ませて、目線と同じくらい高いところでボールをつくと、若干手首が掌屈(手のひら側に折れる)します。

ボールを高く弾ませながら地面につく

高く弾ませたボールは、リストを使いながらボールの真上を軽くラケットでタッチします。

手首は力を抜いて、柔らかくしておきます。

このドリルではボールを真下についていますが、打点を高く後方にして相手コートに向かってつくつもりで打つと、ちょうどスマッシュの打点になります。

スマッシュのテイクバックでラケット面を伏せておく

ボールを高く弾ませながら地面につくドリルで、打点でボールをとらえるイメージをつかんだら、実際に球出しのボールをスマッシュしますが、その前にスマッシュのテイクバックについて確認します。

さきほどのドリルで、ボールを高く弾ませながら地面についていたラケットを、そのまま肘から後方に引きます。

そうすると、ラケット面は伏せた状態のまま後方にセットされます。

後は、左腕を真上に伸ばして身体を横に向ければ、テイクバックの完成です。(右利きの場合です。左利きは右腕を真上に伸ばします。)

テイクバックの時にラケットヘッドが背中のほうに向いていると、インパクトでラケットヘッドが返しづらくなります。

テイクバックの時はラケットヘッドが身体の前方に向くようにしておくと、インパクトでラケットヘッドが前方に戻りやすいです。

球出しのボールでスマッシュしてみる【まずはリストワークを使ってゆっくりタッチする】

スマッシュのテイクバックをしたところから、実際に球出しのボールを打ってみます。

最初は相手コートに入らなくてもいいので、落ちてきた球出しのボールの真上よりちょっと後ろ側をラケットで軽くタッチします。

タッチするだけなのでボールに威力は出ませんが、まずはボールの当て方に意識を向けてみてください。

ラケットは最後まで振り抜かず、ボールの真上よりちょっと後ろをタッチしたら終わりにします。

最初は、ボールはネットを越えないくらい手前に落ちると思います。

ボールを相手コートにコントロールするために、テイクバックで体重を後ろ足に乗せて後ろ肩を下げます。

そうすると身体が後方に傾いて、打点をさきほどより後ろにとれるようになります。

ボールのより後方をラケットでタッチできるようになり、相手コートに落ちるようになります。

球出しのボールでスマッシュしてみる【徐々にラケットヘッドを走らせる】

慣れてきたら、徐々にラケットヘッドを走らせます。

ラケットがボールに当たったとき、そのまま腕は残し、リストを使いながらラケットヘッドだけを加速させます。

慣れてきたらフォロースルーをつけてかまいません。

ただし、最初のうちはラケットヘッドを返してボールが飛んだ後、軽く後付けでフォロースルーを加えるようにします。

ラケットヘッドが手首を追い越すムチのイメージでラケットを振れるようにします。

手首とラケットヘッドが同時に動いたままボールを打つと、ラケットは加速しないので気をつけましょう。

最後に…

最初はリストワークだけでボールをタッチすることから始めて、徐々に体全体の動きを取り入れていけば、さらにボールは楽に飛んでいきます。

スマッシュで手首を背屈させてボールをとらえていたら、ボールを高く弾ませながら地面につくドリルを試してみてください!