【自宅でできるテニスの練習】ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する




こんにちは、リョウジです!

ボレーの元のポジションに戻るフットワークをちょっとした隙間時間に練習してみませんか?

自宅でもできる簡単な練習です。

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」はどんな練習?

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」やり方は簡単です。

ボレーを打つときに軸足と踏み込み足の2歩を出しますが、その2歩の間にラケットを横に置くだけです。

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」はどんな練習?

【軸足と踏み込み足の間にラケットを置くだけ】

ラケットを置くことで、戻るときの足の位置をサポートします。

軸足と踏み込み足の場所が置いたラケットにより見やすくなり、戻るフットワークの目安になります。

どんな人に「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」練習はオススメか?

テニスを始めて雁行陣でゲームをするようになったら、覚えておいて損はしないフットワークです。

前衛がつなぎのボレーを打ったときにこのフットワークを使用します。

並行陣で戦うようになれば、前衛・後衛ともにボレーで元のポジションに戻るフットワークは必須の動きなので、まだ自動化していなければオススメです。

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」とどうなる?

ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化できると、並行陣でボールをつなぐとき自分の立ち位置を気にしなくて済みます。

守りを固めるだけではポイントはとれませんが、並行陣で戦うことが少し楽になるはずです。

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」練習のやり方

フォアハンドボレーかバックハンドボレー、片側だけで行います。

ボレーのフットワークを意識しながら、シャドウスイング(素振り)を行います。(ラケットが1本しかなければ、手には何も持たなくてOKです。)

ボレーを打つときのフットワークは、「スプリットステップ・軸足を決めながらラケットセット・踏み込みながらボレー」です。

軸足と踏み込み足の間に、ラケットを横に置いてから練習をスタートします。

「ボレーの元のポジションに戻るフットワークを自動化する」練習のやり方

【軸足と踏み込み足の間にラケットを置く】

【ボレーのフットワーク〜元のポジションに戻るまで】

  1. スプリットステップ
  2. 軸足を決めながらラケットセット
  3. 踏み込みながらボレー
  4. ちょっとだけ間を空ける
  5. 両足を入れ替える
  6. スプリットステップをした場所に戻る

スプリットステップ

スプリットステップ

【スプリットステップ】

両足を離してスプリットステップを行います。

ここでスタンスが広くなり、身体が沈みます。

軸足を決めながらラケットセット

軸足を決めながらラケットセット

【軸足を決めながらラケットセット】

置いたラケットの手前に軸足を出しながら、ラケットをセットします。

踏み込みながらボレー

踏み込みながらボレー

【踏み込みながらボレー】

置いたラケットをまたいで、足を踏み込みながらボレーします。

両膝を柔らかく使い、身体を少し沈めます。

ちょっとだけ間を空ける

戻るフットワークが慣れるまでは、ちょっと間を空けることをオススメします。

ボレーを打ち終わってから戻るフットワークを開始するためです。

ボレーしながら元のポジションに戻り始めないように気をつけましょう。

両足を入れ替える

両足を入れ替える

【軸足を踏み込み足のそばに】

軸足はラケットをまたいで踏み込み足のそばに出します。

両足を入れ替える

【踏み込み足を軸足があった場所に】

その勢いを利用してすぐに踏み込み足もラケットをまたいで軸足があった場所に出します。

つまり、両足の位置が入れ替わります。

両足を入れ替える

【慣れたら一気に入れ替える】

慣れたら一気に両足を入れ替えます。

そのときは、軸足を踏み込み足があった位置に置くようにします。

スプリットステップをした場所に戻る

スプリットステップをした場所に戻る

【スプリットステップをした場所に戻る】

両足で軽く後ろに飛んで、スプリットステップをした場所に戻ります。

少し前傾して戻ると、すぐ次のボレーを打つ動作に入れます。

また、最初のスプリットステップに戻ります。

スプリットステップ

【スプリットステップ】

最後に…

最初はゆっくりフットワークと足を置く位置を確認しながら行い、徐々にスピードアップしてもできるように訓練していきます。

目印として置いたラケットを置かなくても元のポジションに戻るフットワークができるようになったら、フォアハンドボレーとバックハンドボレーを交互にシャドウスイングをして練習してみてください。