テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由




過去のリョウジ
あんなに壁打ち練習したのに、全然ラリーがつながらない…どうして?

こんにちは、リョウジです!

壁打ち練習では途切れずつながっても、テニスコートではラリーがつながらず、よく嘆いていた記憶があります。

過去のリョウジ
壁打ち練習はむしろやらないほうがいいのでは?

そんなふうにもよく思いました。

壁打ち練習で、まったく上達しなかったわけではありません。

ただ、壁打ちでは得られないものがあることに、過去のわたしは気づいていませんでした。

この記事では、テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由を解説します。

テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由

テニスの壁打ち練習をしてもラリーがつながらない理由

壁打ち練習でつながるようになっても、実際のラリーでつながらない理由は2つあります。

  • 壁打ちでは生きたボールが返ってこない
  • 壁打ちでは壁より先の情報をフィードバックできない

なぜ上記の2つが、ラリーがつながらない理由なのか解説していきます。

壁打ちでは生きたボールが返ってこない

壁打ちでは生きたボールが返ってきません。

壁打ちで返ってくるのは、球出しと同じ死んだボールです。

壁打ちでは、打ったボールのスピードで返ってくるボールのスピードが決まります。

打ったボールの回転と入射角から、決まった角度でボールが返ってきます。

ラリーと比べると、返ってくるボールの軌道を予測するのは簡単です。

さらに、壁に当たることで打ったボールの回転は失われます。

そうなると、返ってきたボールが弾んだときの変化はありません。

壁落ちする場所の地面がへこんでいたり傾いていると、ボールは予想外の方向に弾みますが…

実際にコートでテニスをするときは、生きたボールが返ってきます。

相手の意思により「左右・高低・深さ・緩急・回転」が複雑にミックスされたボールが返ってきます。

壁打ちでは、このような生きたボールを返す練習ができません。

リョウジ
壁打ちでは死んだボールが返ってくるので、気をつけないと力んで打ってしまいます…

壁打ちでは壁より先の情報をフィードバックできない

壁打ちでは、壁の向こうまでボールがいくことはないので、そこで打ったボールの情報は途絶えてしまいます。

つまり、壁という仮想ネットより先の情報をフィードバックできません。

ネットのどれくらい上を通過したかは、壁のどこに当たったかで1球1球フィードバックできます。

ですが、自分が打ったボールがネットを越えた後どうなったかはわかりません。

  • ボールがネットを越えた後どんな軌道だったか
  • コートのどの位置にバウンドしたか
  • バウンド後にどんな弾み方をしたか

上記は壁打ちではわかりません。

ラリーをつなげるためには、生きたボールを返せるだけではなく、相手が打ちやすいボールを送る必要があります。

相手がネットから離れた位置に立ってラリーをする場合、打ちやすいボールが送れたか壁打ち練習ではわかりません。

相手がネット前に立ってボレーでつなぐラリーなら、相手の打ちやすいボールを送れたか壁打ち練習でもわかりますが…

リョウジ
壁打ちでは、自分の打ったボールがよかったかどうかがわかりづらいです。

テニスの壁打ちはコーチのボレーつなぎに似ている

テニスの壁打ちはコーチのボレーつなぎに似ている

壁打ち練習は、コーチの「ボレーつなぎ」に似ています。

コーチとラリーがつながるようになっても、実際のラリーがつながらないところが壁打ちと似ています。

コーチの「ボレーつなぎ」には、下記の特徴があります。

  • 打ちやすい死んだボールが返ってくる
  • 相手が打ちにくいボールでも返ってくる

実際のラリーでは生きたボールを返す能力と相手に打ちやすいボールを送る能力が必要になりますので、コーチの「ボレーつなぎ」だけだとなかなかつながるようになりません。

もちろん、コーチは打ちにくいボールも打てるし、生きたボールで返すこともできます。

ただ、ラリーがつながらない生徒さんには、打ちやすい死んだボールを送ります。

コーチとラリーをすると、途切れず続きやすいのでうまくなった錯覚に陥ります。

その後、生徒さん同士で打ち合ってみると、お互い打ちにくいところにボールが飛んでしまい、コーチとラリーしたときのようにつながりません。

最後に…

壁打ちでは下記の練習ができません。

  • 生きたボールを打つ練習
  • 壁(仮想ネット)以降の情報のフィードバック

ですが、逆に言えば下記の練習ならできます。

  • 死んだボールを打つ練習
  • 壁(仮想ネット)のどこに当たったかのフィードバック

壁打ちでできないこととできることを理解したうえで、どんな練習をするかを考えます。

壁打ちは自分のペースで練習ができ、打数も多くとれ、ストレス解消もでき、とても楽しいものです。

楽しさだけではなくテニスの上達も目指すなら、自己満足で終わらないように、壁打ちでできることの中で何を練習するのか気にしてみてください。

こんな記事もあります
壁打ち関連の記事を集めました!
⬇︎壁打ち練習でどんなことができるの?

テニスの壁打ち練習をする3つのメリット

2018年5月29日
⬇︎壁打ちで「ターゲット・打点・テイクバック」をつなぐ

【テニスの壁打ち】ターゲット→打点→テイクバックと逆算しながら、どこにラケットを用意するべきか決めよう!

2018年11月20日
⬇︎壁打ちのターゲットはどこに設置する?

【テニスの壁打ち】ターゲットをどこに設置するか考える

2018年11月21日
⬇︎壁打ちの練習メニューはどう決める?

【テニスの壁打ち】各ショットを棚卸ししてから練習メニューを考える

2018年12月6日
⬇︎壁打ちで意識すること

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのこと

2019年1月8日
⬇︎壁打ちで忘れがちなこと

テニスの壁打ちをしていると忘れがちな3つのこと

2019年5月13日
⬇︎壁打ちで飽きずに打数を増やすには

テニスの壁打ちで飽きずに打数を増やす方法

2019年6月30日
⬇︎同じ練習でも意識を変えれば効果が変わる

テニスの壁打ちで意識を変えて打ってみる

2019年7月8日