【サーブのドリル】トスアップしたテニスボールを素手でキャッチすれば空振りしなくなる?

「サーブでトスアップしたボールがラケットに当たらない…」

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めたばかりのころは、トスがどこに上がるのかもわからず、どのタイミングでラケットを振ればボールに当てられるのかもわからない状態です。

トスアップしたボールをバウンドさせず、ラケットでとらえるサーブは非常に難しい動作です。

まずは、ラケットを置いて、トスアップしたボールを素手でとらえるこのドリルでタイミングを練習しましょう!

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルはどんな練習?

トスアップしたボールをラケットを持たずに素手でキャッチする簡単な練習です。

ラケットを持っていない分、ボールをとらえるのが楽になります。

ボールを素手でとらえることができないなら、ラケットでとらえられるわけがありません。

このドリルは、トスアップしたボールをラケットでとらえられない初心者やボール投げもうまくできないジュニアが対象です。

このドリルができるようになると、トスとスイングのタイミングを合わせられるようになります。

サーブでボールを打てるようになり、ボールのコントロールなど他の課題に取り組めます。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルは3ステップあり、段階的にマスターしていきます。

【トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリル】3ステップ

  1. 打点から
  2. テイクバックから
  3. 最初の構えから

【ステップ1】打点から

右利きの場合で説明します。(左利きの場合は左右逆になりす。)

右手のひらをラケットのスイートスポットだと思って練習していきます。

まずは、打点にトスアップする練習からです。

スクエアスタンスをとり、上体は正面を向きで、右手のひらを打点に伸ばして固定します。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

右手のひらにボールが落ちるように、トスアップを練習します。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

固定した右手のひらをボールに合わせて動かさないように注意します。

【ステップ2】テイクバックから

トスアップが安定したら、テイクバックしたところから練習します。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

上体を横向きからスタートします。

右肘を両肩を結ぶライン上まで上げ、90度まで曲げます。

右手のひらが打つ方向の右側を向くようにします。

テイクバックしたところからトスアップをして、右手をスイングしながらボールをキャッチします。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

キャッチする場所は右肘が伸びたところです。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

【キャッチする場所は右肘が伸びたところ】

右肘が曲がった低いところでボールをキャッチしないように気をつけましょう。

キャッチしたところでスイングを止めず、最後まで振り切ります。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

【スイングを止めない】

ジュニアでボールをキャッチできない場合は、右手のひらでボールを当てるだけでもOKです。

トスアップしてから、スイングしてボールに合わせられるように練習します。

【ステップ3】最初の構えから

最後は、最初の構えからスタートするフルモーションで練習します。

トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方
トスアップしたテニスボールを素手でキャッチするドリルのやり方

トスアップとテイクバックを同時進行で行うので、タイミングを合わせるのが難しくなります。

テイクバックからスタートするよりも、トスの高さを上げないとキャッチが間に合いません。

こちらの練習も、右手のひらでボールを当てるだけでもOKです。

ここまでできるようになれば、まずはラケットを短く持って打ってみましょう。

いきなり長くラケットを持つのではなく、徐々にラケットを長く持つようにすれば、トスの調整も少しずつで済みます。

以上、「【サーブのドリル】トスアップしたテニスボールを素手でキャッチすれば空振りしなくなる?」でした。