テニスの素振りは正しい動きがわからなければやらないほうがいい?

こんにちは、リョウジです!

テニスの身近なトレーニングとして、「素振り」が挙げられるかと思います。

素振りは一見簡単そうに見えますが、実はやり方に気をつけなければならない難しい練習です。

テニスの素振りは正しい動きがわからなければやらないほうがいい?

テニスの素振りは正しい動きがわからなければやらないほうがいい?

【間違った動きを反復すると逆効果】

テニスの素振りは、正しい動きがわからなければやらないほうがいいです。

もし、間違った動きを素振りで反復していたとしたら、効果がないどころか逆効果になるからです。

本来、テニスはボールの行き先をフィードバックしながらスイングを修正していきます。

素振りだけでは、ボールがどこに飛んでいくスイングなのかわかりません。

そのボールがどこに飛んでいくかわからないスイングを、素振りで強化するのは危険です。

最悪、悪いクセがついて逆に下手くそになってしまうかもしれません。

「素振りをすれば、ラケットを振るのに必要な筋肉が強化できるので、やらないよりはやったほうがいい。」

そう考える人もいるかもしれません。

確かにラケットを振るのに必要な筋肉を強化できますが、間違えた動きを反復する代償のほうがはるかに大きいです。

やはり、テニスの素振りは正しい動きがわからなければやらないほうがいいです。

テニスに有効な素振りの方法とは?

では、まったく素振りが役立たないかと言われれば、そうでもありません。

テニスに有効な素振りの方法は存在します。

【テニスに有効な素振りの方法】

  • ボールを打つ前のウォーミングアップ
  • 打点の確認
  • フットワークの素振り

ボールを打つ前のウォーミング

テニスに有効な素振りの方法とは?

ボールを打つ前のウォーミングアップとして、素振りをするのは有効です。

ボールを打つ前に素振りをすることで、スイングの仕方を身体に思い出させる効果があります。

いきなりボールを打つと、普段のようにボールが当たらない方には特に効果がある方法です。

使う筋肉にストレッチをかけれるので、身体の可動域も広がります。

打点の確認

テニスに有効な素振りの方法とは?

素振りは、打点の位置を確認するのにも有効です。

スローモーションで素振りをしながら、打点でラケットを一旦止めて、打点の位置と景色を覚えさせます。

実際にボールを打つときに、確認した打点の位置と景色で打てるように意識できます。

空気の抵抗と重さで、自然とラケットをゆっくり振れる振るスイングを付けると効果的です。

わたしは最初、空気抵抗に逆らって全力で振っていたのですが、ボールをとらえるタイミングが狂ってしまい、逆効果になってしまいました。

下記の流れで素振りをすると、ボールをコンタクトできる確率が上がりました。

  1. ラケットをゆっくりスイングしながら打点で止める。(打点の位置と景色を覚える。)
  2. 打点の位置と景色を意識しながら、ラケットをゆっくり最後まで振り抜く。
リョウジ
たくさんの失敗をしてきたわたしが、今も愛用している数少ないテニスグッズです!

フットワークの素振り

テニスに有効な素振りの方法とは?

【フットワークを生かすためにラケットも振る】

フットワークの練習をするとき、実際の動きに合わせて素振りを入れると、実戦に近い形でトレーニングができます。

この場合、練習の主役は素振りではなく、当然フットワークです。

ボールを打たないことで、フットワークの動きに意識を向けられます。

テニスでフットワークを使った素振りはどんなときに有効か?

2019年3月3日

最後に…

ラケットを振るだけの素振りはオススメできません。

何かしら目的があればやる意味はありますが…

自己満足の素振り練習には要注意です。