テニスのバックハンドボレーとスライスの空いている手の高さは?

こんにちは、リョウジです!

片手打ちバックハンドストロークでは、ラケットを高く上げた場合空いている手は反対に地面へ下ろします。

テニスの片手バックハンドストロークでは空いている手をどう使うか?

2019年2月7日

片手打ちバックハンド系のショットでは、スイングと反対方向に空いている手を動かせばOKです。

同じように、バックハンドボレーとバックハンドスライスの空いている手についても考えたいと思います。

バックハンドボレーとバックハンドスライスの基本的なスイングは同じなので、まとめて考えます。

テニスのバックハンドボレーとスライスの空いている手の高さは?

バックハンドボレーやバックハンドスライスを打つとき、空いている手の高さはどうするべきでしょうか?

結論から言うと、空いている手の高さはスイングするラケットと同じ高さにしましょう。

スライス回転をかけるとはいえ、ボレーもスライスも基本的には厚い当たりで打つことが大切です。

厚い当たりでボールを打つためには、上から下のスイングではなく、水平にスイングします。

水平にスイングしても、ラケット面を少し上向きにしておけば、ボールの真後ろより下側をとらえ、自然にアンダースピンがかかります。

空いている手も、水平にスイングするラケットと同じ高さで広げます。

例えば、高い打点でバックハンドボレーやバックハンドスライスを打つときは、ラケットを高い位置に保ってスイングするので、空いている手も同じように高く上げます。

テニスのバックハンドボレーとスライスの空いている手の高さは?

低い打点でバックハンドボレーやバックハンドスライスを打つときは、ラケットを低い位置でスイングするので、空いている手も同じように低くしておきます。(強烈にサイドスピンをかける場合は、ラケットを高いところから振り下ろします。)

テニスのバックハンドボレーとスライスの空いている手の高さは?

フォロースルーを長くとった場合、ラケットは徐々に上がっていきますので、空いている手も同じように上げていきます。

バックハンドボレーやスライスで左右の手の高さが違うとどうなる?

バックハンドボレーやスライスで左右の手の高さが違うとどうなる?

もし、バックハンドボレーやバックハンドスライスで左右の手の高さが違うとどうなるでしょう?

水平にスイングしたい場合、空いている手がラケットと違う高さになっていると、空いている手につられてスイングがずれてしまいます。

よく起こるのが、フォロースルー時に空いている手が高く上がってしまい、ラケットが下に落ちていくことです。

ラケットが落ちていくと、ボールの当たりがかすれて推進力が弱くなります。

体重が前足に乗った状態で、身体が前傾してしまうので、バランスも崩れやすいです。

ただし、あえて空いている手を高く上げて打つ場合もあります。

例えば、とっさに低いボールに反応したときです。

腰を落ろす時間がなければ、空いている手を高く上げることで身体を前傾させてラケットを低く用意することができます。

あとは、ネット前でボールを打ち込みたいときです。

ラケットを振り下ろす必要があるため、空いている手を高く上げます。

最後に…

バックハンドボレーやバックハンドスライスでも、片手打ちバックハンドストロークと同様、空いている手をうまく使わないといいショットは打てません。

空いている手を使い、ラケットのスイング方向をうまく誘導しましょう。