テニスのスライスとボレーの共通点と違い

こんにちは、リョウジです!

スライスは、わたしたちのテニスの選択肢を大きく広げます。

打点のエリアが広いスライスを覚えると、通常のグランドストロークでは打てないボールが来ても、返球できるようになります。

また、スライスを使うことで、ボールのスピードを落とし、体勢を整える時間を確保できるようになります。

トップスピンとスライスを使い分ければ、球種の違いで相手のミスを誘うこともできます。

スライスを覚えると、ボレーでできることも増えてきます。

ボレーで飛距離をコントロールできたり、回転量を調節できるようになります。

そんなスライスとボレーの共通点と違いについて、書きたいと思います。

スライスとボレーの共通点

グリップの握りと手首の形

多少、握りの厚い薄いはありますが、スライスとボレーともに、コンチネンタルグリップで握ります。

ラケットと前腕に角度がつくように、ラケットを立てる意識も一緒です。

ラケット面が開く

スライスとボレーともに、ラケット面が開いてインパクトします。

打点が低くなれば、ラケット面は上を向いていきます。

打点が高くなれば、ラケット面は地面と垂直に近くなります。

後ろから前にスイング

スライスとボレーともに、ボールの後ろから前にスイングして、厚い当たりでボールを飛ばします。

上から下に切るようにスイングすると、かすれた当たりになってしまい、推進力を失います。

後ろから前にスイングするためには、インパクトの高さにラケットを用意しておく必要もあります。

基本の球種は同じ

スライスとボレーともに、ラケット面が開き、後ろから前にスイングすると、自然とアンダースピンがかかります。

身体の開きは抑え気味

スライスとボレーともに、積極的に身体は回しません。

身体の開きは抑え気味にして、肩甲骨を支点にスイングします。

ここは、積極的に身体を回すトップスピンのグランドストロークと使い分けが必要です。

打点の位置

スライスとボレーともに、フォロースルーをとれるように引きつけます。

支点となる肩甲骨が前方にあるバックハンドのほうが、肩甲骨が後方にあるフォアハンドより、打点が前になります。

スライスとボレーの違い

ワンバウンドかノーバウンド

過去のリョウジ
スライスとボレーの1番の違いは?

スライスはワンバウンドで打つショット、ボレーはノーバウンドで打つショットです。

ボールがバウンドするかどうかで、ラケットでコンタクトさせるタイミングが変わってきます。

スイングの大きさ

スライスとボレーの違いというよりは、飛ばす距離の違いです。

スライスは、ボールがバウンドするまでの飛距離が長いため、テイクバックとフォロースルーがボレーより大きくなりやすいです。

ボレーは、相手から近い距離から放たれたボールをノーバウンドでコンタクトされる必要があるので、ラケットの用意はスライスよりコンパクトになることが多いです。

足を踏み込むタイミング

スライスとボレーでは、軸足を決めたあとの前足の踏み込むタイミングが違います。

スライスでは、足を踏み込んでからラケットをしっかり振れるようにします。

ボレーでは、足を踏み込む勢いを利用して、ボールを打ちます。

ボールとの距離を合わせながら、足の踏み込みと同時にボレーします。

最後に…スライスのオススメ本を紹介

スライスのことをもっと詳しく知りたい方、スライスを使いこなしたい方、スライスを極めたい方は、鈴木貴男プロ試合に勝つテニス 鈴木貴男のスライス系ショット完全レッスン (LEVEL UP BOOK)オススメです。

バックハンドスライス、フォアハンドスライスをそれぞれ鈴木貴男プロが詳しく解説、そして、ボレーへの応用、スライス系ショットのバリエーションなど、本物のスライスに触れることができます。

テニスをしている方なら、一家に1冊置いておきたいスライスのバイブルです!