テニスのボレーで、身体の正面にボールが来たときの対処法

こんにちは、リョウジです!

ボレーでは、いつもボールを追いかけながら打つとはかぎりません。

ボールが自分の正面に来ることもあります。

ボレー練習で教わるマニュアルどおりの打ち方では返球できません。

テニスのボレーで、身体の正面にボールが来たときの対処法を、状況に合わせて3つ紹介します。

ラケットワークだけで返球する場合

足を動かすことのできない緊急時には、バックボレーで返します。

バックボレーのほうが守備範囲が広く、身体の正面に来たボールも対応できるからです。

それは、利き手にラケットを持っていることと関係しています。

利き手を中心に身体の外側は、フォアボレーで返しやすいエリアです。

利き手を中心に身体の内側は、バックボレーのほうが返しやすいエリアです。

その利き手より内側のエリアは、身体の正面も含みます。

身体を半身にして、打点を身体の前でとれれば、比較的楽にボールを飛ばせます。

両手打ちでバックボレーを打っている場合は、片手打ちバックボレーほど身体の正面に来たボールは打ちやすくありません。

ですが、非利き手のほうがラケットを短く持っている分、フォアボレーより両手打ちバックボレーのほうが身体の正面は返しやすくなります。

身体の正面にボールが来たら、バックボレーのほうが返しやすいことは知っておいてください。

ボールにラケットを合わせて、しのぐしかできないときに返球する方法です。

1歩動く余裕がある場合

足を1歩だけ動かす余裕がある場合の返球方法です。

軸足をもう片方の足の後ろ側から、ボールとの距離がとれるように引く方法です。

通常のボレーでは、軸足をボールに近づけて踏み込みます。

ボールが正面に来た場合は、逆に軸足をボールから遠ざけるように引きます。

軸足を引いた結果、身体は横向きになります。

フォアボレーで打つ場合は、身体が横向きになり、利き手側の肩が後ろになるため、打つ方向に対して打点は後ろになります。

バックボレーで打つ場合は、身体が横向きになり、利き手側の肩が前になるので、打つ方向に対して打点は前になります。

フォアボレー、バックボレー、どちらで打ってもかまいませんが、その後のポジションが楽になるほうを選ぶといいでしょう。

軸足を打点から横方向に離すことで、最終的にクローズドスタンスになり、身体の開きも抑えることができます。

横方向に身体を逃がして、打点を確保する守備的な返球方法といえます。

十分に動く余裕がある場合

身体の正面に来たボールがゆっくりなら、十分に動く時間があります。

そんなときは、弧を描くように、ボールの横側に回り込んでボレーします。

しっかり踏み込んで打てるので、3つの返球方法の中では1番力強く打てます。

回り込む方法ですが、まずは軸足をもう片方の足の後ろに移動します。

すぐにもう片方の足を外に逃がします。

弧を描くように、サイドステップでボールの横側に回り込みます。

スクウェアスタンスで身体を横に向けてボレーします。

踏み込む勢いを利用できるので、攻撃的な返球方法といえます。

以上です。

ボレーを使ったラリー練習では、ボールが正面に来ることが多いので、ぜひチャレンジしてみてください!