テニスのスマッシュをフットワークと一緒にもう1度確認してみよう!

こんにちは、リョウジです!

スマッシュをフットワークと一緒にもう1度確認してみませんか?

球出し練習など、その場に来たボールをスマッシュで打つ場合のフットワークを説明します。

足を動かしてアイドリング

いつでも動き出せるように、細かく足を動かして待ちます。

車でいうと、アイドリングです。(信号待ちでも、エンジンがかかっている車をイメージしてみてください。)

スプリットステップ

相手がボールを打つときに、両足が着地するようにスプリットステップをします。

ジャンプすると言うよりは、両足を広げて着地するイメージです。

ラケット1本分くらいは、両足が広がるようにします。

この時点では、どのショットで打つか決まっていないので、ラケットは正面で構えます。

軸足を引く+ターン

ロブが上がり、スマッシュで打つことを決めたとします。

軸足を後ろに大きく1歩引きます。

もし、ボールが自分の真上に上がっている場合は、打点を右にとれるように、真後ろより少し左方向に軸足を引くようにします。(右利きの場合で、説明します。)

軸足のつま先は、打つ方向に対して横より少し後ろを向くようにします。

スクエアスタンスより少しだけクローズドにスタンスが取れていればOKです。

軸足を1歩引くと同時に、骨盤より上をターンします。

軸足に重心が移るので、自然ともう片方の足のかかとは浮きます。

スマッシュは、この時点で両手でラケットを寝かせたまま、持ち上げます。

過去のリョウジ
もし、フォアハンドボレーのグリップがコンチネンタルグリップより若干厚く握っていて、スマッシュを打つときに薄く握り変えるときはどうするの?

両手でラケットを寝かせたまま持ち上げるときに、コンチネンタルグリップに握り変えます。

テニスのコンチネンタルグリップの握り方

この方法は、コンチネンタルグリップの握り方としても使えます。
テニスのコンチネンタルグリップの握り方

目線の高さで、ラケットのスロートを左手で支えます。

テニスのコンチネンタルグリップの握り方

右手でグリップを正面から握ります。

両手でラケットを持っているのは一瞬です。

すぐにボールは落ちてくるので、間に合うようにテイクバックを開始します。

サイドステップで下がる

もう片方の足を、軸足の少し前に近づけます。

もう片方の足のつま先は横より少し後ろを向きます。(軸足のつま先と同じ方向を向きます。)

これでサイドステップで下がる準備が整いました。

その場で打つ場合も、助走をつけるために、サイドステップで少し下がります。

軸足を後ろに引いて、サイドステップで下がります。

サイドステップは、スタンスを広くとったまま行うようにします。(両足がぶつからないように、距離をとってサイドステップします。)

ボールを右上でとらえたいので、ボールの真後ろに下がらずに、少し左後方に下がるようにします。

サイドステップで下がっている最中に、テイクバックを終了します。

テイクバックでは、両肘と右肘を一直線にして、ラケットを立てます。(右肘は90度まで曲げます。)

左腕は、打つ方向に対して右上に伸ばします。

背中越しでボールを見るようにします。

サイドステップで前に移動しながら打つ

元にいた位置に、サイドステップで戻ります。

サイドステップで前に移動する勢いを利用して、ボールを打ちます。

両足でスタンスを決めてから、スイングします。

スイング中、顔はインパクトに残すようにします。(ボールの行き先をすぐに見ない!)

スイングが終了しても、身体のバランスを崩さないようにします。

以上です。

スマッシュの後は、浮いたボールが返ってくることが多いので、すぐに構え直して、ボレーで仕留められるようにしましょう!