テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴

こんにちは、リョウジです!

サーブのフットワークといえば、トスアップするときに後ろ足を前足に寄せる「フットアップスタンス」と、後ろ足を動かさないで打つ「フットバックスタンス」の2種類があります。

「フットアップスタンス」と「フットバックスタンス」の特徴を説明します。

テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴

フットアップスタンス

テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴

両足を開けたスタンスで構えて、トスアップをしながら後ろ足を前足に寄せるのが「フットアップスタンス」です。

トロフィーポジションで前足に体重が乗せやすく、ボールに体重を乗せるようにして打てるのが特徴です。

後ろ足が「フットバックスタンス」より前にあるため、サーブをジャンプして打ったときに打点をより前にとることができます。

テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴

打点がネットに近くなることで、相手の時間を奪い、狙ったターゲットにもコントロールしやすくなります。

フットバックスタンス

テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴

両足を開けたスタンスで構えたままトロフィーポジション(トロフィーポーズ)をとり、そのまま打つのが「フットバックスタンス」です。

「ダブルフット」と呼んだりもします。

両足が開いているため、トロフィーポジションで身体のバランスが保ちやすいのが特徴です。

また、身体の開きを抑えやすいので、スピンサーブと相性のいいスタンスとして知られています。

テニスのサーブにはこんな打ち方もある

サーブのフットワークは「フットアップスタンス」と「フットバックスタンス」が圧倒的に多いのですが、下記のような打ち方も存在します。

【サーブにはこんな打ち方もある】

  • 両足とも踏み込む
  • 両足をつけたまま

両足とも踏み込む

トスアップと同時に前足を踏み込み、後ろ足を前足に寄せる打ち方です。

フットアップスタンスをさらにダイナミックにした感じです。

前足がベースラインを踏まないように、あらかじめベースラインから少し離れた位置に構えます。

両足とも前に踏み込むので、前への体重移動を最大限使ってサーブが打てます。

トスアップをしながら前足を動かせるので、身体をボールの下に入りやすいです。

トスアップで前足が動いてしまう方は、逆にこの打ち方がフィットするかもしれません。

両足をつけたまま

両足をつけるくらい近づけた状態のままサーブをする打ち方です。

「両足とも踏み込む」サーブとは真逆のタイプです。

足を動かさないので「フットバックスタンス」の打ち方に近いですが、トロフィーポジションでは両足が近づく「フットアップスタンス」と同じ形になります。

「フットアップスタンス」と同じく、打点を前にとることができます。(打点がネットに近くなります。)

ただし、体重移動が小さい分、トロフィーポジションがとりづらいので、しなやかな身体が求められます。

以上、「テニスのサーブのフットアップスタンスとフットバックスタンスの特徴」でした。