本当にそのテイクバックは合っているの?テニスのリバーススイングで、グランドストロークのテイクバックを確かめる




こんにちは、リョウジです!

もし、テニスをしていて、グランドストロークでボールをうまくコンタクトできない悩みを持っていたら、テイクバックの終点(ラケットを1番引いたところ)の位置がずれている可能性があります。

リバーススイングで、テイクバックの終点の位置を確認することをオススメします。

リバーススイングで逆算して、テイクバックの終点の位置を確認する

リバーススイングとは、通常のスイングとは逆方向にスイングすることです。

フィニッシュからフォロースルーの経路を通り、打点を通過して、テイクバックの終点まで巻き戻します。

リバーススイングで、テイクバックの終点まで逆算することで、テイクバックの適切な高さや大きさが確認できます。

テイクバックの終点の位置が間違えていると、ボールを正確にとらえることができません。

もしくは、フォワードスイング中にスイング軌道の修正が必要になります。

これでは効率のいいスイングはできません。

リバーススイングはスイング経路を記憶するのに最適

通常の素振りで1方向にスイングするより、リバーススイングを入れて双方向にラケットを振るほうが、グランドストロークのスイングが定着できます。

腕を前に振ると、手のひらが自然に上を向いてしまいます。

グランドストロークのスイングでは、インパクトで地面と垂直なラケット面を作りたいので、リバーススイングでインパクトからテイクバックを通るときは、ラケット面をふせながら引きます。

手のひらの向きを意識しながら、通常のスイングとリバーススイングを繰り返すと、インパクトでラケット面が開きづらくなります。

リバーススイングは初心者にオススメのテイクバック方法

テニスを始めたばかりの人にとって、リバーススイングはオススメのテイクバック方法です。

初心者はテイクバックをどこに用意するべきかわかりません。

リバーススイングなら巻き戻すことによって、適切な場所にテイクバックがとれます。

と言っても、全部巻き戻すのは大変なので、打点からリバーススイングを開始します。

したがって、リバーススイングでテイクバックするためには、打点を覚えていることが条件になります。

打点に用意したラケットを、肩を支点に下から引いていきます。

ラケットヘッドを先行させて、振り子のように引いていき、グリップエンドが打点の方向を向くくらいでテイクバックを終了します。

テニスを始めたころは、これくらいの大きさのテイクバックがオススメです。

ボールに合わせやすく、下から上のスイングができ、飛距離もある程度出せるからです。

そのままラケットを引き続けると、ラケットが上に上がっていき、ラケットが立ちます。

ラケットが立つところまでテイクバックすると、高い打点にも対応でき、威力も出ますが、ボールをとらえるのが難しくなります。

ボールをとらえる技術が上がってから、徐々にテイクバックを大きくしていきます。

テニスのグランドストロークで大きなテイクバックをとる場合、リバーススイングだと時間がかかる。

確かに、大きなテイクバックをとる場合は、ストレートにテイクバックしたほうが短い時間で用意ができます。

リバーススイングでテイクバックの位置とスイングが固まったら、必要に応じて、ストレートテイクバックやサーキュラーテイクバックに移行します。

ただし、スイングが不安定になったら、リバーススイングでスイング経絡を確認するといいでしょう。

以上、「本当にそのテイクバックは合っているの?テニスのリバーススイングで、グランドストロークのテイクバックを確かめる」でした。