テニスのグランドストロークで、スタンスを決めたあとにボールとの距離が合わないときの対処法

こんにちは、リョウジです!

グランドストロークで、スタンスを決めてボールを打つとき、ボールとの距離が合わない時はないですか?

そんな時有効なのが、動きながら打つという方法です。

下記に4つの対処法を書きましたので、参考になれば幸いです。

浅いボールをサイドステップで追いかけて、想定していた打点よりも前だったとき

浅いボールをサイドステップで追いかけて、スクエアスタンスもしくはクローズドスタンスで足を決めたけれど、自分が想定していた打点よりも前だったときの対処法です。

軸足(後ろ足)から踏み込み足(前足)に重心移動した後、前足で前に飛んで打点の調整を行います。

そのとき、後ろ足は後ろ側に蹴って、体の回転をブロックします。

地面への着地は前足1本だけです。

この打ち方には名前が付いていて、「フロントホップ」と呼ばれています。

深いボールをサイドステップで下がって、想定していた打点よりも後ろだったとき

深いボールをサイドステップで下がって、スタンス(どのスタンスでもOK)を決めたけれど、自分が想定していた打点より後ろだったときの対処法です。

軸足1本で立ち、上体を後ろに傾けることで打点を前にとれるようにします。

もう片方の足は、傾けた身体のバランスをとるために、前に伸ばして浮かせます。

前に伸ばした足は、身体の回転をブロックする役目もあります。

オープンスタンスやセミオープンスタンスで構えて、想定していた打点よりも近かったとき

ボールに回り込んで打つときに多いのですが、オープンスタンスやセミオープンスタンスで構えて、想定していた打点よりも身体の近くにボールが来たときの対処法です。

ボールから離れる方向に軸足でジャンプします。

軸足はジャンプしたあと、後ろに蹴りながら、身体の回転をブロックします。

もう片方の足1本で、ボールから離れる方向に着地します。

オープンスタンスやセミオープンスタンスで構えて、思ったよりも打点が遠かったとき

サイドに走らされて打つときに多いのですが、オープンスタンスやセミオープンスタンスで構えて、想定していた打点よりも遠くにボールが来たときの対処法です。

軸足ではないほうの足を、横もしくは斜め横に踏み込みながらスイングします。

リターンのように、足を踏み込みながら打つ方法をとります。

足を踏み込むことによって、最終的なスタンスはクローズドスタンスになります。

身体の回転は、踏み込む足によってブロックされます。

以上です。

どの対処法も動きながら打つ分、ボールをコンタクトさせるのは難しくなります。

顔は打点に残して打つように気をつける必要があります。

どの対処法も、身体が流れないように、身体の回転をブロックしていることも忘れずに!