テニスでボールを打つときのスタンスは大きく分けると3種類、細かく分けると4種類

こんにちは、リョウジです!

テニスでボールを打つとき、どんなスタンス(両足の構え方)があるか書きたいと思います。

テニスの上達で遠回りしないように、スタンスを正しく理解しておきましょう!

テニスのスタンスは大きく分けると3種類、細かく分けると4種類

スタンスは大きく分けると3種類あります。

  • スクエアスタンス
  • クローズドスタンス
  • オープンスタンス

オープンスタンスをもう少し細かく分けると4種類になります。

  • スクエアスタンス
  • クローズドスタンス
  • セミオープンスタンス
  • オープンスタンス

スクエアスタンス

スクエアスタンス

【後ろ側から見たところ】

スクエアスタンス

【正面から見たところ】

打つ方向に対して両足を並べるスタンスをスクエアスタンスといいます。

テニスを始めると、最初に覚えるスタンスです。

前進して打つときや移動距離が少なく余裕を持って打てるときに、スクエアスタンスを使います。

前後にサイドステップで移動して打つときに、相性のいいスタンスでもあります。

オープンスタンスに比べると、身体のひねり戻しを使いづらいスタンスです。

クローズドスタンス

クローズドスタンス

【後ろ側から見たところ】

クローズドスタンス

【正面から見たところ】

打つ方向に対して、前足が後足よりも内側にあるスタンスをクローズドスタンスといいます。

相手から見ると、背中が見える閉じたスタンスです。

他のスタンスに比べて、身体の回転がしづらいスタンスです。

身体の回転をおさえたいスライスショットバックハンドストロークで遠くのボールを打つときに、クローズドスタンスを使います。

オープンスタンス

オープンスタンス

【後ろ側から見たところ】

打つ方向に対して、前足が後足よりも外側にあるスタンスをオープンスタンスといいます。

相手から見ると、下半身の前方が見えるスタンスです。

身体の回転を積極的に使え、打った後のリカバリー(戻り)も素早くできます。

身体を開く必要のあるフォアハンドストロークでは、使う頻度が高く、必須のスタンスとも言えます。

細かくオープンスタンスを分けた場合【セミオープンスタンス】

オープンスタンス

【後ろ側から見たところ】

オープンスタンスの両足の位置は、状況に合わせていろいろ考えられます。

軸足ともう片方の足の位置関係によって、オープンスタンスをさらに2つに分けることができます。

打つ方向に対して、軸足がもう片方の足より後ろに決めた場合をセミオープンスタンスと呼びます。

(ボールを身体の右側で打つ場合、軸足は右足です。ボールを身体の左側で打つ場合、軸足は左足です。)

セミオープンスタンスは、身体のターンを深くとることができ、逆クロス方向に打ちやすいスタンスです。

細かくオープンスタンスを分けた場合【オープンスタンス】

オープンスタンス

【後ろ側から見たところ】

打つ方向に対して、軸足がもう片方の足と同じもしくは前に決めた場合をオープンスタンスと呼びます。

オープンスタンスは、身体を積極的に回すことができ、クロス方向に打ちやすいスタンスです。

以上、スタンスの種類についてでした。

スタンスは状況によって使い分けることが必要です。

そのためにも、それぞれのスタンスの特徴を理解しておきましょう!