テニスのローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして打ち分けよう!

こんにちは、リョウジです!

打つ高さが違うローボレーとハイボレーは何を変えればいいのでしょうか?

ラケットを準備する高さを変えればいいのですが、ローボレーとハイボレーの打ち分けがイメージしやすいアドバイスがあるので紹介します。

テニスのローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして打ち分けよう!

テニスのローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして打ち分けよう!

【ローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦に】

ローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして、打ち分けてみましょう。

ラケットと前腕の角度や肘の曲げ(肘は伸ばし気味にする)を維持することが条件になりますが、この言葉どおりにするだけでローボレーとハイボレーのラケットの準備が完了します。

ローボレーとハイボレーの身体の動きの違いを、いちいち気にしなくて済みます。

ローボレーでは、ラケットを横に倒すと脇が閉まっていき、手が下に落ちていきます。

低いところにラケットが準備でき、打点が身体の近くになります。

ハイボレーでは、ラケットを縦に起こすと脇が開いていき、手が上がっていきます。

高いところにラケットが準備でき、打点が身体の遠くになります。

「ラケットを打ちたい高さにセットできれば、ラケットを横だの縦だの気にしたくてもいいのでは?」

ラケットを打ちたい高さにセットできるなら、確かに必要のないアドバイスかもしれません。

ですが、身体をどう動かすかよりラケットをどのように動かすかを伝えたほうがイメージがしやすく、うまくできる生徒さんもいます。

特に、自分がどう動いているかよくわからないジュニアには、ラケットの動きをつたえたほうがわかりやすいです。

ローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして、ボレーの打ち分けにチャレンジしてみましょう。

テニスのローボレーはラケット面を寝かせて、ハイボレーはラケット面を起こして打ち分けよう!

ローボレーとハイボレーのその他の違いも見ていきましょう。

ローボレーはラケット面を寝かせて、ハイボレーはラケット面を起こして打ち分けてみましょう。

それは、ローボレーとハイボレーの打ちたい方向の違いに関係しています。

ローボレーは、ネットより低いところに打点があります。

ネットより高いところを狙わないと相手コートには入りません。

そのために、ネットを超えるようにラケット面を寝かせてある程度上向きにする必要があります。

逆にハイボレーは、ネットより高いところに打点があります。

高い弾道になってしまうと相手コートにおさまりません。

ラケット面を起こしてボールを抑える必要があります。

ローボレーでどれくらいラケット面を寝かすかとハイボレーでどれくらいラケット面を起こすかは、ネットとどれくらい離れてボールを打つかで変わってきます。

ネットに近ければ近いほど、ローボレーではラケット面を寝かせてネットを越えるようにします。

逆に、ネットから遠ければ遠いほど、ローボレーではラケット面の寝かせ具合を抑えめにします。

ネットに近ければ近いほど、ハイボレーではラケット面を起こしてコートにおさめるようにします。

逆に、ネットから遠ければ遠いほど、ハイボレーではラケット面の起こし具合を抑えめにします。

テニスのローボレーはアンダースピンを多めにして、ハイボレーはアンダースピンを抑えめにして打ち分けよう!

ラケット面の寝かし(ローボレー)や起こし(ハイボレー)ができるようになると、自然と回転量は変わります。

ローボレーはアンダースピンが多めになり、ハイボレーはアンダースピンが抑えめになります。

ローボレーとハイボレーでは、ラケットの動きに対してボールの当たる場所が違うからです。

ローボレーはラケット面を寝かせているため、ボールの真後ろより下側をとらえます。

ラケットをそのまま前に押し出すと、ボールにアンダースピンがかかります。

アンダースピンがかかることで、ボールが少しホップしてネットを越えやすくなります。

ハイボレーではラケットを起こしているため、ボールの真後ろ付近をとらえます。

ラケットをそのまま前に押し出すと、アンダースピンは抑えめで飛んでいきます。

アンダースピンを抑えることで、推進力のある直線的なボールが打てます。

必ずしも「ローボレー = アンダースピン多め」「ハイボレー = アンダースピン抑えめ」というわけではありません。

ですが、ローボレーを使う場面やハイボレーを使う場面には、このアンダースピンの回転量がマッチしているのではないでしょうか?

ローボレーはアンダースピンを多めにして、ハイボレーはアンダースピンを抑えめにするイメージで打ち分けてみてください。

以上、「テニスのローボレーはラケットを横に、ハイボレーはラケットを縦にして打ち分けよう!」でした。