ショートクロスを狙って打ってみよう!テニスのアングルショットの練習方法

こんにちは、リョウジです!

グランドストロークでショートクロスを狙って打つ、アングルショットの練習方法を紹介します。

角度をつけて打てるようになれば、コートを横に広く使えるようになります。

アングルショットを練習する前に身につけておきたい技術

アングルショットを練習する前に身につけておきたい技術があります。

【アングルショットを打つために必要なスキル】

  • ボールにトップスピンをかけて短く落とす技術
  • コースを打ち分ける技術

ボールにトップスピンをかけて短く落とす技術とは、トップスピンをかけてショートラリーができたり、ボレー対ストロークのラリーでボレーヤーの足元にトップスピンをかけて沈められる技術です。

コースを打ち分ける技術は、クロスとストレートに打ち分ける技術です。

同じ打ち方で、スタンスと打点を変えてコースの打ち分けができる技術です。

アングルショットを練習するに当たって、この2つの技術を持っていることが前提になります。

テニスのショートクロスを狙うアングルショットは、その名のとおりショートとクロスに打てればいい!

2018年12月16日

アングルショットの球出し練習

サービスラインから角度をつける練習

まずは、ターゲットから近いサービスラインから打って、アングルショットのスタンス・打点の場所・ボールの入り方を確認します。

テニスのアングルショット(ショートクロス)のスタンスと打点

【アングルショットのスタンス・打点の場所】

ショートラリーをするくらいの飛距離で打ちます。

ターゲットは、シングルスサイドラインのサービスラインより手前に設置します。(シングルスならシングルスラインより内側に設置。)

練習する人は、サービスラインまで前にいき、シングルスサイドラインに立ちます。

球出しする人は、サービスラインの中央から出します。

練習する人の正面に、少し短めにゆっくりのボールで出します。

打つ人は、ショートクロスに対してスクエアスタンスをとります。

ボールの後ろに入り、打点を前方向に離すようにします。

球出しする人がいない場合は、自分でボールを落として、アングルショットのスタンスと打点を確認できます。

ベースラインからアングルショットの弾道を覚える

ネットから離れて、今度はベースラインから打ちます。

ベースラインのシングルスラインからスタートします。

球出しする人は、サービスライン中央から出します。

練習する人の正面に、少し短めにゆっくりのボールで出します。

打つ人は、ネットより手前にボールの弾道の頂点を設定し、どれくらいの高さで打てばネットを越えてコートに入るのかを探します。

ネットより手前に簡易ネットを設置して、ボールの頂点の位置を視覚化するとわかりやすいです。

球出しする人がいない場合は、自分でボールを落として、アングルショットの弾道の頂点と高さを確認できます。

アングルショットのラリー練習

クロスのショートラリー

シングルスのサイドライン上のサービスラインより前に、ボール4つで作ったピラミッドを置きます。

2人でクロスのピラミッドを狙って、ショートラリーをします。

ピラミッドに対してスクエアスタンスをとります。

ボールの後ろに入り、打点を前方向に離すようにします。

クロスでボレー対ストローク

ボレーヤーは、サービスラインより前でシングルスのサイドライン上に立ちます。

ちょうどアングルショットを狙う場所です。

ボレーヤーは台となって、足元にくるボールをローボレーやハーフボレーでつなぎます。

ボレーヤーがうまく返球できないと、アングルショットの練習にならない難しい練習です。

ストローカーはあらかじめコートのサイドよりに立ち、ボレーヤーの足元を狙ってアングルショットを打ちます。

ストローカーはネットより手前にボールの弾道の頂点を設定し、どれくらいの高さで打てばネットを越えてボレーヤーの足元に落ちるのかを探します。

以上、「ショートクロスを狙って打ってみよう!テニスのアングルショットの練習方法」でした。