【グランドストロークのドリル】テニスで2回ラケットをループさせてからボールを打つ

こんにちは、リョウジです!

グランドストロークで「2回ラケットをループさせてからボールを打つ」ドリルがあります。

このドリルの練習方法と効果について書きたいと思います。

「2回ラケットをループさせてからボールを打つ」ドリルの練習方法

「2回ラケットをループさせてからボールを打つ」の練習方法ですが、近くから球出ししてもらうかネット越しから球出ししてもらいます。

通常グランドストロークでラケットをループさせてテイクバック(サーキュラーテイクバック)するときは、後方で1回だけ円を描いてからフォワードスイングに入ります。

このドリルでは、後方でループを2回してからフォワードスイングに入ります。

後方で2回ループさせると、かなり早くテイクバックを開始しないと間に合いません。

「2回ラケットをループさせてからボールを打つ」ドリルの間違ったやり方

ジュニアにこのドリルをやってもらうと、手首を中心にラケットヘッドだけぐるぐる回してから打つ子がいます。

これは間違ったやり方です。

ラケットヘッドだけをぐるぐる回すのでは、ラケット面は不安定になり、ボールはコントロールできません。

ラケット面を安定させるため、手首を固めておき、肩を支点に腕全体をループさせてからフォワードスイングに入りましょう。

「2回ラケットをループさせてからボールを打つ」ドリルの効果

このドリルは、ラケットを後方に引き始めるタイミングを普段より早くする効果があります。

特に、ラケットをボールのバウンドに合わせてテイクバックしてしまう人に有効です。

このドリルを行った後、通常のテイクバックに戻します。

ドリルのときと同じようにラケットを早く引き始めると、かなり余裕を持ってテイクバックを終えて、スイングを開始できるはずです。

このドリルで、ボールのバウンドに合わせてラケットを引くのではなく、ラケットの引き始めを早めに開始して余裕を持ってスイングすることを覚えられます。

その他だと、ショートバウンドでボールを打つ練習ドライブボレーで打つ練習で、ボールのバウンドに合わせないでラケットを引く練習ができます。

普段ループスイングでテイクバックしていない人でもこのドリルをやる意味があるか

普段ループスイングでテイクバックしていない人でもこのドリルをやる意味があるのでしょうか?

このドリルの目的は、ラケットを引き始めるタイミングを早くすることです。

まっすぐテイクバックしている人でも、ボールのバウンドに合わせてテイクバックしているならやってみる価値はあります。

ラケットをループさせるサーキュラーテイクバックは、高い打点にも低い打点にもテイクバックの高さを合わせやすいのが特徴です。

また、ラケットの動きを止めずにテイクバックとフォワードスイングができるので、力みやすい人にも試してほしいテイクバック方法です。

以上、「【グランドストロークのドリル】2回ラケットをループさせてからテニスボールを打つ」でした。