【テニスを始めた人向け】両手打ちバックハンドストロークの導入

こんにちは、リョウジです!

テニスを始めて、ショットの練習に入るとき、最初に取り組みたいのは打点です。

打点とは、スイングとボールの弾道が重なる点です。

ボールをコントロールできるスイングを身につけたり、適切な打点で打てるようにフットワークを使って動いたり、ボールをとらえるタイミングを合わせたり、やるべきことはいっぱいです。

そんな中、まずは打点付近の形を覚え、ラケットでボールをコンタクトできるように練習します。

ラケットがボールに当たらないことには、ボールが相手のコートに返りません。

それでは、両手打ちバックハンドストロークの導入を打点から始めます。

フォアハンドストロークを片手で打てないジュニアには、両手打ちフォアハンドストロークの導入としても使えます。(右手と左手を逆にして、試してください。)

両手打ちバックハンドストロークのグリップの握り方

両手打ちバックハンドストロークの基本的なグリップの握り方は下記のとおりです。

【右手】コンチネンタルグリップ

【左手】イースタングリップ

右手

ラケットを寝かせてフレームを垂直に立て、フレームを人差し指と親指でつまみます。

そのまま、グリップエンド近くまで下ろしていき、コンチネンタルグリップで握ります。

テニスのコンチネンタルグリップの握り方 テニスのコンチネンタルグリップの握り方

左手

左側のラケット面(打つラケット面の裏側)に、左の手のひらを合わせます。

グリップの右手の下まで手を下ろし、イースタングリップで握ります。

テニスの両手打ちバックハンドストロークの握り方 テニスの両手打ちバックハンドストロークの握り方 テニスの両手打ちバックハンドストロークの握り方

その他のショットの基本的なグリップの握り方については、下記をご覧ください。

テニスを始めるときに知っておきたいグリップの握り方と名称について

2018年7月18日

打点の位置

身体は前向きのままでOKです。

インパクト付近の形を覚える練習なので、まだ身体の回転運動を入れる必要はありません。

おへそくらいの高さでボールをとります。

打点のだいたいの位置を右利きの場合で説明します。

両手打ちバックハンドストロークは、左肩の左斜め前に打点をとります。

両手でグリップを握っているため、フォアハンドストロークよりは打点が近くなります。

通常のグランドストロークでは、インパクトでのラケット面が地面と垂直になります。

ほとんどスイングをしないこの練習では、ボールを放物線に飛ばすために通常のグランドストロークの打点より前でボールをとらえます。

通常の打点より手を前に出していくと、地面と垂直だったラケット面は、自然と上を向いていきます。

打点の形

ラケットのヘッドとグリップエンドを結んだラインは、地面と平行にして握ります。

そこから、手の握りを緩めて、若干ラケットヘッドを落とします。
(サイドフレームとグリップエンドが同じ高さになるくらい落とします。)

両手打ちバックハンドストロークの段階的グリップの持ち方

打点の練習をする場合、下記のように、段階的に本来の握り方に近づけてみてください。(右利きの場合で説明しています。)

【ステップ1】ボールの後ろに左手のひらが入れられる持ち方

右手でグリップの根元付近を上から握り、左手のひらをストリング裏面の中心につけます。

右の手首と肘は、リラックスして力を緩めておきます。

左手のひらで、ボールをタッチします。

【ステップ2】ラケットのスロートを左手で握り、右手はグリップの根元を上から握る持ち方

【ステップ1】の状態から、左手が右手につくように、右手のとなりまで移動します。

ラケットのスロートを左手で握り、右手はグリップの根元を上から握っている状態です。

打点から近い距離に両手をおける持ち方です。

【ステップ3】ラケットのスロートを左手で握り、右手はグリップエンド付近を上から握る持ち方

【ステップ2】から、右手をグリップエンド付近まで移動します。

ラケットのスロートを左手で握り、右手はグリップエンド付近を上から握っている状態です。

右手でラケットワークをアシストしつつ、打点から近い距離に左手をおける持ち方です。

【ステップ4】グリップエンド近くで両手をつけて握る通常の持ち方

【ステップ3】の状態から、左手が右手につくように、右手のとなりまで移動します。

グリップエンド付近で、両手をつけて握る通常の持ち方です。

【ステップ1】〜【ステップ3】と同じ感覚で、通常の持ち方にチャレンジします。

しっくりこなければ、【ステップ1】〜【ステップ3】に戻ります。

ボールをターゲットにコントロールする

ボールをコントロールする中で、インパクトの形を覚えるようにします。

インパクト付近のタッチだけで、ボールをコントロールするので、ターゲットは近くに設置します。

サービスライン上で打つ場合は、ネット越しではなく、ネットより手前にターゲットを設置します。

打つボールの弾道が直線ではなく、放物線を描くように、ターゲットを設置する必要があります。

【例1】
空のキャスターの上にカゴを斜め(打つ人の方向に向ける)に設置する。
【例2】
ボールの入ったキャスターに、コーンを裏返しにし、ボールの中にさして設置する。(裏返したコーンの中を狙う。)

ターゲットの代わりに、ハンドトス(手出し)する人が立ってやさしく返球してもらう方法もあります。

柔らかいタッチが必要になり、力加減を覚えることができます。

インパクトの形が崩れないようなら、少しターゲットの距離を離して、飛距離を伸ばしてみましょう。

飛距離を伸ばすためには、インパクトの形からラケットヘッドを少し後ろに引く必要が出てきます。(ラケットヘッドは振り子のように動くので、正確には後ろの下の方に引きます。)

ボール出しで打点を前にさせる

適切な打点で打てるように、ボール出しには注意が必要です。

おへそ付近で打てるように、高く弾まないように出します。

打点が斜め前になるように、ボールが弾む場所に気をつけます。

打点が前になるように、打つ人の後ろからボールを出す方法もあります。

前にボールが弾むので、ボールを前に追いかけながら打つ形になりますが、強制的に打点を前にできます。

以上です。

インパクトだけを切り取った練習は、ボールがラケットに当たるようになったら、必要ありません。

インパクトは大事ですが、スイングの中ではあくまでも通過点。

インパクトの位置を意識できるようになったら、次のステップに進みましょう。