テニスの試合で高いボールが来たら最初にやりたいこと

こんにちは、リョウジです!

テニスの試合中、対戦相手からムーンボールや高く弾むトップスピンを打たれたとき、どんな対応をとりますか?

ボールが浅ければチャンスボールですが、割とコート深く入った場合です。

テニスの試合で高いボールが来たら最初にやりたいこと

テニスの試合で高いボールが来たら最初にやりたいことは、ポジションを下げることです。

理由は、ポジションを下げることを面倒に感じ、普段打ち慣れていない高い打点や早いタイミングでとらえると、ショットの精度が大幅に落ちるからです。

対戦相手からムーンボールや高く弾むトップスピンのボールが来たとき、素早くポジションを下げていれば、打ちやすい打点でボールを返球できます。

ネットから距離が離れるものの、打ちやすい打点なら深さのコントロールはしやすいはずです。

攻撃できない場面では、確実に返球できる体勢を整えて戦いましょう。

テニスの試合で高いボールが来たときの戦略

テニスの試合で高いボールが来たときは、ポジションを下げて打ちやすい打点で返球しますが、どんな戦略をとればいいでしょうか?

戦略としては、地道に深いボールを打ち続けて浅いボールを待つことです。

おそらくお互いに高いボールを打ち合うラリーになるかと思います。

粘り強く返球していると、我慢できずに仕掛けてきたり、ボールが浅くなったりします。

ある程度ネットから離れたところから仕掛けてきても、そんなに怖くはありません。

相手が自滅してくれる可能性もあります。

また、深くボールが返球できれば、相手のボールが短くなりやすく、チャンスがやってきます。

テニスの試合でポジションを下げたときに気をつけたいこと

高いボールが来たとき、ポジションを下げて確実に返球することをオススメしましたが、気をつけたいことがあります。

それは、相手のドロップショットやネットプレーを警戒しておくことです。

ポジションを下げると、ネットから遠くなります。

ネット前にボールを落とされると、当然走る距離が長くなり、返球率が下がります。

例えば、ベースライン後方からムーンボールを打ったときに、相手がボレーでカットしてきた場合です。

相手の打ったボレーが短く落とされたり、アングルに打たれると、長い距離を走りながら返球することになります。

もし、前に落とされることを警戒していなければ、そのままエースになることもありえます。

ポジションを下げたら、ネット前のボールを警戒しておきましょう。

以上、「テニスの試合で高いボールが来たときに気をつけること」でした。