テニスの試合に出て1番もったいないと思った失点はダブルフォルト!

こんにちは、リョウジです!

テニスの試合に出始めたとき、最初に改善できることといえば、自滅して失うポイントを減らすことです。

自滅して失うポイントの中で、1番もったいないのはダブルフォルトです。

なぜダブルフォルトが1番もったいない失点なのか

なぜダブルフォルトが1番もったいない失点なのか。

それは、相手に何もさせずにポイントを与えてしまうからです。

例えば、自分のサービスゲームで毎回1ポイントダブルフォルトしたとします。

その場合、自分のサービスゲームでは1ポイント相手にハンディを与えているのと同じになります。

しかも、相手の体力をまったく奪うことなくポイントを与えることになります。

この状態から試合に勝利するのは、かなりしんどいです。

ダブルフォルトするくらいなら、まだ入れるだけのサービスのほうがマシです。

入れるだけのサービスでも相手がミスする可能性があります。

ダブルフォルトしてしまうと、その可能性さえなくなってしまいます。

そう考えると、やはりダブルフォルトでの失点が1番もったいないです。

なぜ試合になるとダブルフォルトしてしまうのか?

普段練習しているときはそれほどダブルフォルトをしなくても、なぜ試合になるとサーブが入らないのでしょうか?

それは、試合では練習のときより入れなければならないプレッシャーがかかるからです。

入れなければいけないという気持ちが、本来のサーブを壊していきます。

入れなければいけない状況では、ボールを置きにいくようになります。

なぜ試合になるとダブルフォルトしてしまうのか?

【置きにいくサーブでは未来がない】

そうなると、打点は低くなり、ラケットを振りきることができなくなります。

トスは高く上げる必要はありませんが、打点はある程度高くないとラケットのスイングを加速させることはできません。

サーブが入ればいいというわけではない

このような入れにいく状態でサーブが入ったとしても、相手にチャンスボールを送っているようなものです。

リターンミスする可能性があったとしても、チャンスボールをしっかり打ち込める相手には入るだけのサーブは通用しません。(さきほど書いたとおり、ダブルフォルトよりはマシですが…)

そこで必要になるのは、ボールに回転をかけて打つサーブです。

ボールに回転をかけるとサーブの弾道に変化を与えることができ、リターンで攻撃されにくくなります。

また、ボールに回転をかけることで、ボールの軌道が安定し、コントロール精度が上がります。

最初のうちは、一か八かのフラットサーブを磨くより、安定性を重視したボールに回転をかけるサーブを練習したほうがいいということです。

つまり、スライスサーブでもスピンサーブでもいいので、まずはセカンドサーブから磨いていくことがダブルフォルトを減らすことにつながります。

そして、自滅して失うポイントを減らす第一歩になります。

最後に…

試合に出始めたとき、最初に減らしたい失点はダブルフォルトでした。

わたしは過去にあまりにもダブルフォルトが多くて、相手の練習にならないと申し訳ない気持ちになった経験があります。

試合にチャレンジしたいと思っている方の参考になれば幸いです。