テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと




こんにちは、リョウジです!

テニスの雁行陣で、後衛は何を意識したらいいのかを3つ紹介します。

下にいくにつれ難易度が上がっていきますので、上から1つずつ潰していきましょう。

テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと

雁行陣で後衛が意識したいのは下記の3つです。

【 雁行陣で後衛が気をつけたいこと】

  • 正しいポジションをとる
  • 高さを使い分ける
  • 時間を使い分ける

正しいポジションをとる

まず、後衛で戦う上での大前提が「正しいポジションをとる」ことです。

基本のポジションは、シングルスのサイドラインをまたいで、身体を相手の後衛に向いている状態です。

テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと

このポジションをベースにして、状況により立ち位置を調整します。

正しいポジションをとっていると、角度がついたクロスのボールにも追いつくことができます。

また、フォアハンド・バックハンドどちらにボールが来てもクロス方向に打ちやすいポジションです。

悪い例として多いのが、ストレートラリーの立ち位置(コート半面の中央)にいて、身体が正面(相手の前衛)を向いている状態です。

テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと

特に、右利きの人がデュースサイドでこのポジションをとっている場合が多いです。

右利きの人がデュースサイドでこのポジションをとっている場合の利点を見てみます。

このポジションの利点は、広い範囲をフォアハンドストロークで打てることです。

バックハンドストロークが苦手な場合、かなりありがたいポジショ二ングではあります。

また、身体が正面に向いているのでフォアハンドストロークで打つとき、少ないターンでテイクバックを終了できます。

そして、ストレートロブが来たときの移動距離も短くて済みます。

しかし、このポジションでは常にサイド側にオープンコートを作った状態で戦うことになります。

角度のついたクロスショットが来ると、ボールに入れなくなります。

それだけではありません。

この状態で戦い続けるとほとんどフォアハンドストロークしか打たないので、さらにバックハンドストロークの苦手意識が強まります。

仮にバックハンドストロークにボールが来たとしても、身体が正面に向いているため、テイクバックするのにターンを多く必要として間に合わなくなります。

長い目で見ると、このポジショ二ングには未来がないので、やりづらくても正しいポジションをとることが大切です。

基本のポジションは技術が必要なわけではなく、意識すればできることなので、すぐにでも改善しましょう。

高さを使い分ける

次に後衛が意識したいのは、「高さを使い分ける」ことです。

同じクロスに打つショットでも高さを変えれば変化がつき、相手に読まれづらくなります。

例えば、前衛に捕まらないように安全に打ちたいのであれば、中ロブ(ムーンボール)を使ってクロスに打ちます。

ネットの高いところを通すので、ネットするリスクを回避することができます。

深く弾むボールが打てるなら、それだけで武器にもなります。

また、前衛付近にボールを通すなら、低い弾道が有効です。

低い弾道はネットミスするリスクはあるものの、相手の前衛に捕まっても攻撃されづらいメリットがあります。

テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと

球威は必要になりますが、センターに打てれば味方の前衛にポーチのチャンスを作れます。

後衛というと、クロスかストレートのコースの打ち分けをイメージしてしまうのですが、これだけだと単調になります。

相手ペアも変化が少ないと、こちらの配球に慣れてきます。

高さを変える意識を持って、打つボールに変化をつけましょう。

時間を使い分ける

テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと

雁行陣で後衛が意識したい3つ目は、「時間を使い分ける」ことです。

これも、「高さを使い分ける」と同じで変化をつける効果がありますが、それだけではありません。

「時間を使い分ける」考え方は、自分たちにオープンコートができてしまったときに必要な意識になります。

なぜかというと、崩されたポジションから戻るために、時間が必要になるからです。

追い込まれた状態から早い展開で戦ってしまうと、オープンコートに攻められやすいです。

前衛にも、オープンコートをカバーする時間がなくなってしまいます。

例えば、下記のような状況です。

  • 深いボールが来て、ポジションを下げられた。
  • 角度がついたボールが来て、コートの外へ追いやられた。
  • ストレートロブで、前衛の上を抜かれた。

実際に「時間を使い分ける」とき、何を変えたらいいでしょうか?

「時間を使い分ける」には、下記の方法が考えられます。

【時間を使い分ける方法】

  • ボールの緩急
  • ボールの高低
  • ボールの回転量

どれか1つでも変えられますが、状況によりミックスして使うことになります。

時間を作りたい場合は、下記もしくはこれらをミックスさせることになります。

【時間を作りたい場合】

  • ボールをゆっくり打つ
  • ボールを高く打つ
  • ボールに回転をかける

後衛が意識したい3つの中では1番難易度が高いですが、守備力を大幅に上げることが可能です。

以上、「テニスの雁行陣で後衛が意識したい3つのこと」でした。