テニスのダブルスでストレートアタックを成功させる3つのコツ




こんにちは、リョウジです!

ダブルスで、後衛が正面にいる相手前衛に攻撃することを、ストレートアタックと呼びます。

ストレートアタックは、ただ前衛に打っただけではうまくいきません。

ストレートアタックを成功させる3つのコツを紹介します。

テニスのダブルスでストレートアタックを成功させる3つのコツ

ダブルスでストレートアタックを成功させるコツは3つあります。

【ストレートアタックを成功させる3つのコツ】

  • コートの中に入って打つ
  • 前衛のバック側ボディに強打する
  • 味方の前衛と打ち合わせしてリターンで使う

ストレートアタックはコートの中に入って打つ

ストレートアタックは、コートの中に入って打てるときに使います。

理由は、相手の前衛との距離が縮み、プレッシャーをかけることができるからです。

深いボールでコートの後ろに下げられたときや横に走らされたときなど追い込まれたときにストレートアタックをしたくなりますが、これでは効果がありません。

相手の前衛には後衛からのプレッシャーがかかっていない上に、すでにオープンコートができている状態です。

ストレートアタックをすると、オープンコートに返球されて簡単にやられます。

ストレートアタックは、コートの中で打てるときに使いましょう。

ストレートアタックは前衛のバック側ボディに強打する

ストレートアタックは前衛のバック側ボディに強打するのがオススメです。

前衛がバックで打つボディに強打すれば、相手から攻撃的なボールは返りづらくなります。

さらに、ボールが甘くなれば、味方の前衛にポーチのチャンスがやってきます。

もし、ストレートアタックが前衛のフォア側に行ってしまうと、強打しても力負けしづらくなります。

大概はフォアボレーのほうが器用で繊細なタッチも持ち合わせている場合が多く、ボールをコントロールできる範囲もバックボレーより広がります。

とはいえ、前衛のバック側へコントロールするショットは危険です。

相手の前衛に準備する時間を与えれば、いくらバック側とはいえ叩かれます。

ストレートアタックは前衛のバック側ボディに打ち抜きましょう。

ストレートアタックは味方の前衛と打ち合わせしてリターンで使う

ストレートアタックは、サインプレーのように味方の前衛と打ち合わせしてから使うと効果的です。

ストレートアタックで怖いのは、相手の前衛に切り返されて味方の前衛に攻撃されてしまうことです。

速いボールが突然相手の前衛から飛んでくるので、味方の前衛は反応できずにやられてしまいます。

それを回避できるのが、事前に知らせてからリターンでストレートアタックを仕掛ける方法です。

事前にストレートアタックを仕掛けることを伝えていれば、味方の前衛は相手の前衛からの返球に備えることができます。

この方法なら、ストレートアタックの成功率を上げることができます。

ストレートアタックできるかは相手のサービスコースにもよるので、「もしかしたらストレートに打つかも」と味方の前衛に伝えるだけでも違います。

テニスのダブルスでストレートアタックを使う意味

ところで、ストレートアタックを使う意味とは何でしょう?

相手の前衛に隙があったから、ストレートに抜くだけではありません。

ダブルスでストレートアタックを使う意味とは、相手の前衛にストレートを警戒させることで、ポーチをしづらくさせることです。

ストレートアタックがうまく決まらないからといってまったく打たないのではなく、ゲームの序盤でストレートアタックを仕掛けて相手のポーチを牽制することで、その後の流れを有利に進められます。

もし、ストレートアタックを使わずに戦うとどうなるでしょう?

相手の前衛は何のプレッシャーもなく、好きなようにポーチに出れてしまいます。

そうなると、後衛にはプレッシャーがかかり、シビアな配球を要求されて自滅してしまいます。

そうなる前に、ストレートアタックを使うことです。

繰り返しになりますが、ストレートアタックはポイントをとることよりも、相手の前衛にストレートを警戒させてポーチをしづらくさせることのほうが大切です。

以上、「テニスのダブルスでストレートアタックを成功させる3つのコツ」でした。