テニスのラケットフレームの厚みを変えて、パワーとコントロールのバランスをとろう!

こんにちは、リョウジです!

ラケットフレームの厚みもラケットを選ぶときの重要な要素です。

ラケットメーカーは、ラケットのコンセプトや利用するプレーヤーのニーズに合わせて、フレームの厚みをミリ単位で細かく設定しています。

薄いフレームの特徴

プレーヤーを虜にするやわらかい打感

薄いフレームは、打ったときにフレームがしなり、ボールがラケットに乗るような感覚があります。(実際には乗っていませんが。)

ボールがラケットに乗るようなこのやわらかい打感こそが、薄いフレームの特徴です。

コントロールの精度が高い

フレームがしなり、ボールがストリングに食い付くことによって、ピンポイントに狙えるコントロールを生み出します。

推進力が弱い

薄いフレームは、ボールを飛ばす推進力が弱く、ラケットによるアシストはあまり期待できません。

後ろから前にボールをしっかり打てないと、薄いフレームのラケットでボールを飛ばすのは大変です。

ストレートビームが多い

薄いフレームは、ラケットヘッドからスロートまでの厚みが統一されている(ストレートビーム)場合が多いです。

厚いフレームの特徴

剛性を高めたしならないフレーム

厚いフレームは、薄いフレームとは対照的に、厚みでフレームのしなりをなくして、反発力を高める設計です。

球離れが早く、ラケットのパワーでボールが飛んでいってくれます。

大味なコントロール

球離れが早いため、スイングによる意思が伝わりづらく、大味なコントロールになりがちです。

ボールの推進力をアシスト

厚いフレームは、ボールを飛ばす推進力をアシストしてくれます。

勢いの死んだボールの打ち込みや回転をかけて打つときも、ラケットが助けてくれます。

スイートスポット付近のサイドフレームが厚い

ラケットヘッドやスロートより、スイートスポット付近のサイドフレームが厚くなっている形状が多いです。

ちょうどいい厚みを見つけ出そう

ラケットの厚みは、細いものから厚いものまでかなり幅があります。

20mm以下のきわめて薄いフレームもあれば、30mm前後の厚いフレームも存在します。

テニススクールのラケットキャンペーンがあれば、ぜひこのフレームの厚みの差を感じてみてください。

同じテニスラケットとは思えないほど、何もかもが違うはずです。

最後に…

飛びよりコントロールをラケットに求めている方は今よりフレームの薄いラケットを、コントロールより飛びをラケットに求めている方は今よりフレームの厚いラケットを試してみることをオススメします。

自分にとって、ボールの飛びとコントロールのバランスがとれたラケットをフレームの厚みも参考にしながら探してみてください!