記憶から引き出すスピードを早くする!テニス日記でできること

過去のリョウジ
テニス日記に何を記録しようかな…

こんにちは、リョウジです!

三日坊主のわたしが試行錯誤しながら継続してきたテニス日記について書きたいと思います。

なぜテニス日記をつけるのか?

なぜテニス日記をつけるのか?

それは、もっとテニスがうまくなりたいからです。

うまくいったときのこと、うまくいかなかったときのことを記録して、よりよい自分になるためです。

より早く、いいときの自分を取り戻すため。

そして、同じ失敗を少しでも繰り返さないため。

そのときの出来事や気持ちをうまく表現できないときもあります。

それでも、モヤモヤしている気持ちをなんとか言葉にしてみたり、すぐに記憶から消えてしまいそうな突然のひらめきを書き留めておきたいと思います。

記録しておけば、何もかも忘れられる。

違う何かに頭を働かせられる。

大事なことは、記録するだけではなく、使えるように日記に残して、すぐに引き出せるようにしておく。

テニス日記を何のためにつけるかはっきりしていれば、継続しやすくなります。

テニス日記を続けるには?

テニス日記は続けることが大事なので、下記のことに気をつけています。

完璧を目指さない

すべてを記録することはできません。

無理のない範囲で記録します。

テニスの中でも、記録したい項目をしぼったほうが継続しやすいです。

整理しない

記録する内容でいろいろ分けて管理したこともありますが、自分の首をしめるだけでした。

通常の日記と同じように、時系列で書きなぐるようにしたら、悩まなくなりました。

自分がわかればいい

自分が読んだときにわかればいいので、文章がおかしくても漢字が間違えていても気にしません。

アナログなら、字が汚くても自分が読めればかまいません。

きれいに記録する必要はありません。

書きやすい自分流のフォーマットを見つける

決まった書き方を決めてしまえば、きっちり文章にする必要もありません。

書きやすい自分流のフォーマットを作って、考えずに当てはめるだけにすると、気楽に書けるようになります。

【例】9/20 サーブ いつもより低めにトスを上げたら、サープを打つタイミングがスムーズになった。 ← 〇〇テニスクラブで試合中に風が強くなって
([日付][ショット名][記録したいこと]←[どこで・何をしているときに・どういう状況で])

テニス日記を生かすには?

テニス日記を生かすには、必要になったときにすぐ記録を引き出せるようにしておくことです。

探している記録をすぐに見つけることができる

デジタルで記録していれば、検索機能を使ったり、タグ付けをして、見つけやすくできます。

わたしはまだそこまで探すのに困っていないので、とりあえず日付で探しています。

困ってから、検索方法を考えたいと思います。

書いてあることを理解できる

たまに、何でこんなことを書いたのだろうと自分でわからないときがあります。

そうなるのを防ぐため、書きたいことを記録した後に、「どこで」「何をしているときに」思いついたのか書くようにしています。

誰かに言われたことなら「誰に言われたか」も書いておきます。

そうすると、読み返したときにそのときの状況がよみがえるようになり、何でこんなことを書いたのか思い出せます。

テニス日記に何を記録するのか?

わたしがテニス日記に記録していることを書いておきます。

テニスに関するいろいろな気づき

テニスでうまくいったときに意識してみたことなどをよく記録していました。

テニス全般のこともあれば、テニスに役立つ人生の教訓も。

単独のショットに関すること、練習やトレーニング、テニスツールなどいろいろ試した結果など。

テニス日記の中心となる部分です。

試合の結果

試合会場、対戦相手の名前、スコア、どうやって勝ったかどうして負けたかを記録しておきます。

そうすると、次回同じ相手と対戦するときに、次はどうやって戦うか事前にシュミレーションができます。

1度負けた相手とは、以前と同じ展開にならないように気をつけます。

張ったストリングの記録

「ラケット・ストリングの種類・ゲージの太さ・テンション・使った感想」を記録しておきます。

自分にとって、適正なラケットやストリングにより早く近づけます。

合わないテンションで張ってしまうミスを防げます。

ラケットのスペックを変えるとき、今までのデータを参考に、割と適正なテンションで張ることができます。

縦横違うストリングを張るハイブリッドで試すことも含めると、ストリングの組み合わせは恐ろしいほどあり、脳の記憶やそのときの感覚に頼るのは危険です。

ラケットやストリングを試したときに感じたことを、なるべく細かく記録するようにします。

張ったストリングは、テニス手帳というiPhone・iPad・iPod touch用の無料アプリでも簡単に記録できます。

テニス手帳
無料
(2018.09.20時点)
posted with ポチレバ

広告なしの有料版はこちら⬇︎

テニス手帳+
500円
(2018.09.20時点)
posted with ポチレバ

張ったストリングの記録項目は、ほぼすべてをおさえています。(ストリング名にゲージの太さを入れておけば、すべての項目を記録できます。)

張ったラケットや縦横のストリングを変えるハイブリッドにも対応しているところがすばらしいです。

カレンダーから「予定・試合結果・練習記録・ストリング記録・健康記録(体重と体脂肪率と食事)・目標」が記録できる本格テニスアプリです。

細かいフォーマットの指定やコート図などを必要としなければ、手軽に始められます。

ストリングの記録だけでも十分に使う価値があるアプリです。

以上です。

テニス日記は、通常の日記と違って毎日つけなくても大丈夫です。

テニスをした日だけ記録するだけです。

テニスをして何も感じない日があれば、無理して記録することもありません。

テニス日記をつけると、テニスがもっと楽しくなります!