テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける




こんにちは、リョウジです!

テニススのスイングで、「インサイドアウト」と「アウトサイドイン」という言葉を使うことがあります。

他の球技でも使う言葉ですが、テニスでの「インサイドアウト」と「アウトサイドイン」の使い分けを説明します。

テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける

テニスでは、グランドストロークをインサイドアウトのスイングで、ボレーやスライスでアウトサイドインのスイングを使います。

つまり、トップスピンをかけて打つときはインサイドアウトのスイング、アンダースピンをかけて打つときはアウトサイドインのスイングと使い分けます。

インサイドアウトのスイングは、打点より内側(インサイド)からラケットが入り、打点より外側(アウトサイド)に向かって振ります。

テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける

【フォアハンドストローク】

テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける

【バックハンドストローク】

トップスピンのスイングで使うので、インサイドアウトと同時に下から上にラケットを振り抜きます。(回転量を抑えると、下から上ではなく水平なスイングに近づきます。)

アウトサイドインのスイングは、打点より外側(アウトサイド)からラケットが入り、打点より内側(インサイド)に向かって振ります。

テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける

【フォアハンドスライス】

テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける
テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける

【バックハンドスライス】

アンダースピンのスイングで使うので、アウトサイドインと同時に上から下にラケットを振り抜きます。(回転量を抑えると、上から下ではなく水平なスイングに近づきます。)

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法を、テイクバックとスイングに分けて考えたいと思います。

グランドストロークでインサイドにテイクバックする方法

グランドストロークでインサイドアウトにスイングするためには、まずラケットを打点より内側にテイクバックする必要があります。

ラケットを打点より内側にテイクバックするときは、グリップを握っている手を両肩を結ぶラインより前にとるようにします。

インサイドにラケットをテイクバックするために、両肩をしっかり回します。

クローズドスタンスをとったときくらい肩が入るようにします。

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

【フォアハンドストローク】

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

【バックハンドストローク】

「グリップを握っている手を両肩を結ぶラインより後ろに引けば、インサイドにラケットをテイクバックできるのでは?」と思うかもしれません。

しかしこれだと、両肩を結ぶラインよりかなり前にある打点までグリップを握っている手を動かさないと振り遅れてしまいます。

しかも、この方法だと肩を入れなくてもラケットが引けてしまうので、手打ちになります。

グリップを持っている手は両肩を結ぶラインより前に置いておき、両肩のターンでテイクバックの大きさを調整すると、身体の前にある打点にラケットが間に合います。

グランドストロークでアウトサイドにスイングする方法

インサイドにテイクバックしたラケットをアウトサイドにスイングするためには、打点をどこにとるかが大切です。

グリップにもよりますが、身体から打点を離して前でとらえるようにします。

身体から打点を離して前でとらえるためには、腰の回転が多かれ少なかれ必要です。

フォアハンドストロークに比べたら少ないですが、片手のバックハンドストロークですら腰の回転は使ってラケットをスイングします。

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

【フォアハンドストローク】

グランドストロークをインサイドアウトにスイングする方法

【バックハンドストローク】

打点を身体の近くにしてしまうと、腰の回転が使われず、インサイドに向かうスイングになってしまいます。

インサイドに向かうスイングになってしまうと、ラケットのスイートスポットに当たらず鈍い打感になり、ラケット面も保てません。

グランドストロークでアウトサイドにスイングするためには、腰の回転を使い、身体から遠くのななめ前でボールをとらえるようにします。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法を、ラケットセットとスイングに分けて考えたいと思います。

ボレーやスライスでアウトサイドにラケットセットする方法

ボレーやスライスでアウトサイドインにスイングするためには、打点より外側にラケットを通過させる必要があります。

ラケットを打点より外側を通過させるときは、グリップを握っている手を打ちたい方向の横方向に1度持っていきます。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

【フォアハンドスライス】

肘は伸ばし気味にして、グリップを握っている手を身体から離します。

そうすると、ラケットはアウトサイドを通過できます。

「バックハンドスライスはインサイドからラケットをスイングしているのでは?」

力が入りづらく、テイクバックを大きくとれないバックハンドスライスでは、肘を曲げてラケットを寝かせて構えます。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

【バックハンドスライスのテイクバック】

ここから、スイング中に肘が伸びてアウトサイドにラケットが通ってから、インサイドに向かってスイングします。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

【バックハンドスライスもアウトサイドへ】

やはり、ベースとしてはアウトサイドから打点に向かってスイングすることになります。

ボレーやスライスでインサイドにスイングする方法

アウトサイドにセットしたラケットをインサイドにスイングするためには、腰の回転を使わずに肩甲骨を使ってスイングします。

そのため、ボールの横側に身体を入れる意識が必要になります。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

【フォアハンドスライス】

打点の位置は、片手打ちのバックハンドのほうが前でとらえますが、ボールを引きつけて打つようにします。

ボレーやスライスをアウトサイドインにスイングする方法

【バックハンドスライス】

まとめると、ボレーやスライスでインサイドにスイングするためには、腰の回転は使わず、ボールの横側に入り、引きつけて打つようにします。

以上、「テニスでインサイドアウトとアウトサイドインのスイングを使い分ける」でした。