インドアテニススクールとアウトドアテニススクールではそれぞれどんな生徒さんが通っている?




こんにちは、リョウジです!

インドアテニススクールとアウトドアテニススクール、それぞれどんな生徒さんが通っているのでしょうか?

インドアテニススクールとアウトドアテニススクールの特徴を考えて、通っている生徒さんを挙げていきたいと思います。

インドアテニススクールに通う生徒さん

テニスをやりたい気持ちを優しくサポートしてくれるインドアのテニススクールから紹介します。

テニスを始めようとしている人

インドアのテニススクールでは、ラケットとシューズのレンタルができ、道具がなくても気軽にテニスを始められるようにしているところが多いです。

テニスを始めようとしている人が多く入会するので、初心者向けのクラスが充実しています。

快適な空間でテニスをしたい人

テニスをするのに障害になるもの、例えば風や太陽のまぶしさなどを取り除いて、ストレスなくテニスができます。(屋根やドームで空が見えずボールが見づらい、照明がまぶしいという方もいますが…)

日焼けの心配も必要ありません。

悪天候でもレッスンは中止にならないし、冷暖房を完備していれば、快適な温度でテニスができます。

フロントや更衣室・お手洗いは、フィットネスクラブのように清潔感のあるイメージのところが多く、テニスコート以外の施設も快適です。

コーチングスタッフやフロントスタッフも丁寧な言葉づかいや対応を心がけ、生徒さんはお客様としてサービスしているイメージです。

すべてにおいて、生徒さんが快適に感じるように運営しています。

わずかな空き時間を利用してテニスをしたい人

忙しい方が空き時間にテニスをしたいと思ったとき、インドアテニススクールのほうが融通がききます。

アウトドアテニススクールでは近所迷惑になってしまうので、夜遅くまで営業しづらいですが、インドアテニススクールは12時近くまで営業しているところもあります。

インドアテニススクールのほうが営業時間が長く、クラスのコマ数も豊富なので、空いている時間を使ってテニスをしやすくなります。

無料託児室を用意し、子供を預けてテニスができるインドアテニススクールもあります。

小さい子どもがいるご両親には、ありがたいサービスです。

アウトドアテニススクールに通う生徒さん

インドアのテニススクールのような快適な空間は作れないものの、アウトドアのテニススクールはテニス経験者の求める実戦的なレッスンで勝負しています。

テニス経験者

インドアでテニスをすることを毛嫌いしていて、テニスは外でするものだと考えているテニス経験者もいます。

長年外でテニスをしてきた方は、アウトドアで発生する自然の障害も含めてテニスと考えているのです。

試合に出ている人

試合では、風や太陽の眩しさ、コートサーフェスに対応しなくてはいけません。

試合に出ている方はアウトドアのテニススクールで練習したほうが、本番の試合で力を発揮できます。

また、試合に出ている生徒さんのニーズに合った実戦的なクラスを開講している場合が多いです。

少人数での練習を求めている人

アウトドアのテニススクールは、インドアのテニススクールより定員が少ないので、少人数でレッスンができます。(インドアコートは1面に多くの生徒さんが練習できるように、カーテンでコートを区切って2グループに分かれたり、簡易ネットを使ったりします。)

人数が少なければ、より多くのボールが打てます。

実戦的な練習を求めている人

長年テニスをしていて、ショットの練習よりラリーやフォーメーション、ゲームなどの実戦的な練習をしたい方も、少人数でできるアウトドアテニススクールに通っている場合が多いです。

最後に…

インドアのテニススクールとアウトドアのテニススクール、それぞれに違う良さがあり、合う合わないもあるかと思います。

インドアのテニススクールとアウトドアのテニススクール、どちらに通おうか迷っている方に参考になればうれしいです。

インドアテニススクールとアウトドアテニススクールの長所と短所【譲れないところを基準にしよう】

2017年10月11日