テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのこと

こんにちは、リョウジです!

1つのショットを壁打ちで練習しているだけでも、視点を変えれば違うスキルを学べます。

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのことを紹介します。

この3つを意識するかしないかで、壁打ちでの上達具合はかなり変わるはずです。

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ターゲット】

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ターゲット】

【最初に意識したいのはターゲット】

テニスの壁打ち練習するとき、最初に意識したいのは、ターゲットを狙うことです。

どんなにきれいなフォームで打っていても、ボールをコントロールできなければ実戦では使えません。

ターゲットを狙うスイングを身につけるためには、ターゲット→打点→テイクバックと逆算しながら、どこにラケットを用意するべきかを決めます。

【テニスの壁打ち】ターゲット→打点→テイクバックと逆算しながら、どこにラケットを用意するべきか決めよう!

2018年11月20日

壁打ちでターゲットを狙えるようになったら、テニスコートでも同じようにボールをコントロールできるか確認します。(ネットの上にターゲットをイメージすると、壁打ちとリンクします。)

「ターゲットを狙わないで打つショットはまったく役立たないの?」

何かしらの目的があれば、まったく役立たないわけではありません。

例えば、全力でボールを打って体全体を使ったスイングを覚えるときです。

ボールを飛ばす能力を底上げすることができます。

壁打ちではボールが返ってくるので、全力打ちは難しいとは思いますが…

特別な理由がなければ、壁打ちではターゲットを狙って打つことをオススメします。

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ボールの当て方】

ターゲットを狙うことに余裕が出てきたら、視点を変えて練習してみます。

ターゲットを狙いつつも、ボールの当て方を変えてみます。

ラケットでボールの当て方を変えて、回転量を変えたり、球種を変えたりして打ってみます。

ターゲットに打つためのショットは1種類ではなく、状況に応じていくつか選択肢を作りたいところです。

そのために、回転量や球種を変えても打てるように訓練します。

グランドストロークやスライスだったら、後ろから前に厚い当たりで打ってみたり、スイングの幅を狭めて薄い当たりで打ってみたり…(トップスピンなら下から上に、スライスなら上から下に。)

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ボールの当て方】

【厚い当たりで打ってみる】

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ボールの当て方】

【薄い当たりで打ってみる】

サーブなら、フラット・スライス・スピンと球種を変えてターゲットを狙ってみたり…

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ボールの当て方】

【フラットに当てる】

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【ボールの当て方】

【回転をかけながら当てる】

ボールに回転をかけてターゲットを狙うには、打点をどの位置にとり、ラケット面をどの方向に向けて、どこからどこに向かってラケットを振るのか、ボールのどこをとらえているのかを壁打ちでの反復練習で確認します。

「回転量や球種を変えて練習すると、フォームがなかなか固まらないでは?」

確かにそのとおりです。

もしそう感じたら、回転量や球種を大きく変えずに1つの打ち方でターゲットを狙う練習に戻ります。

そしてもう1度挑戦します。

フォームを壊しながら回転量や球種を変えて、打ち分けができるフォームに作り変えます。

ボールの当て方を意識することで、自分がどう打っているかを知りましょう。

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【タイミング】

テニスの壁打ち練習をするときに意識したい【タイミング】

ボールの当て方以外に、壁打ち練習で意識したいことといえば、打つタイミングを変えてみることです。(グランドストローク。)

自分の打ちやすい打点以外で身につけたい打つタイミングは、ボールのバウンド直後(ショートバウンド)とボールが1瞬止まる頂点(トップ)です。

この2つのタイミングを覚えると、ラリーが長く続くようになります。

ボールのバウンド直後(ショートバウンド)で打てれば、下がる時間のない深いボールも返球できます。

ボールが1瞬止まる頂点(トップ)で打てれば、ラケットでボールをコンタクトしやすくなり、高い打点から攻撃的なボールが打てます。

「壁打ちで、ボールが上がってきたところ(ライジング)で打つ練習は必要ないの?」

もし、ライジングを主体で攻めるプレースタイルを目指しているなら、壁打ちで練習ができます。

ただ、難易度が高いので中途半端に練習するなら、やらないほうがマシです。

まずは、ショートバウンドとトップのタイミングで打てるように練習するのがオススメです。

以上、「テニスの壁打ち練習をするときに意識したい3つのこと」でした。