テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】




こんにちは、リョウジです!

テニスで、ボールを打つタイミングは下記のようにいろいろあります。

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

  • ボールが地面にバウンド前 → ノーバウンドで返球(ボレーやドライブボレー)
  • ボールが地面にバウンド直後 →ショートバウンドで返球(ハーフボレーも含む)
  • ボールが地面にバウンド後上がっていく最中 → ライジングで返球
  • ボールが地面にバウンド後頂点に → トップで返球
  • ボールが地面にバウンド後頂点から落ちていく最中 → 通常の返球

ボールを打つタイミングの1つに、ショートバウンドがあります。

ショートバウンドでの返球は、相手のボールが深く、後ろに下がる余裕がないときに有効です。

コートの後ろに下がる労力をなくし、省エネでラリーができます。

この記事では、グランドストロークをショートバウンドで打つコツを3つ紹介します。

リョウジ
ショートバウンドは実戦のラリーで使う機会があるので、1度覚えてしまえば忘れずにずっと使えますよ!

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

打点が低いショートバウンドは浮きやすい

グランドストロークのショートバウンドで打つコツは3つあります。

  • ショートバウンドでとらえるタイミング
  • ショートバウンドの打点
  • ラケットを振り始めるタイミング

上記の3つを、1つずつ解説していきます。

ショートバウンドでとらえるタイミング

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

「ト」

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

「トン」

最初に、ボールをショートバウンドでとらえるときのタイミングを理解します。

ショートバウンドは、ボールが地面にバウンドしてからすぐに打ちます。

ボールが地面にバウンドするときを「トン」、ラケットでとらえるときも「トン」と声に出しながら打つとしたら、下記のようになります。

リョウジ
「トトン」

ボールが地面にバウンドしてからすぐにラケットでとらえるため、「トントン」ではなく「トトン」のタイミングになります。

リョウジ
「トトン」と声に出しながら打つと、ショートバウンドで打てているかどうかわかりやすいです。

ショートバウンドの打点

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

打点はラケットが地面に付きそうなくらい低い

ショートバウンドのタイミングを理解したら、次にショートバウンドの打点を理解します。

ショートバウンドで打つときの打点は、ボールが地面にバウンドしてからすぐにラケットでとらえるため、ラケットのフレームが地面に付きそうなくらい低い位置になります。

ラケットがこの低い打点を通過するには、あらかじめラケットを低くテイクバックしておくか、スイング中に地面スレスレまでラケットヘッドを落とす必要があります。

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

ラケットを低くテイクバックするとボールをコンタクトしやすい

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

テイクバックが大きいと威力は出るがタイミングが若干難しくなる

リョウジ
最初はあらかじめラケットを低く小さくテイクバックしておくのがオススメです。ショートバウンドで打つタイミングに慣れてから、テイクバックを徐々に大きくしていきましょう。

ラケットを振り始めるタイミング

テニスのショートバウンドのコツ【グランドストロークが楽になる】

ボールが地面にバウンドする前に、テイクバックしたラケットを振り始めます。

ボールが地面にバウンドしてからラケットを振り始めると、バウンド直後にボールをとらえるショートバウンドのタイミングでは打てません。

ボールが地面にバウンドする前にラケットを振り始めるには、下記の2つもボールがバウンドする前にやっておく必要があります。

  • 両足のスタンスを決める
  • ラケットをテイクバックしておく

両足のスタンスを決めるには、ボールの軌道を予測して、事前にバウンド地点に入ります。

そして、ボールがバウンドする前にラケットを振り始めるには、早めにテイクバックを終了しておきます。

リョウジ
ショートバウンドで打つためには、ボールの動きを先回りすることが大切です。難しく感じるかもしれませんが、慣れるとそうでもありません。ショートバウンドはバウンド直後に打つため、ボールがバウンド後どう弾むかを考えなくて済みます。

最後に…

まとめると、グランドストロークのショートバウンドのコツは下記の3つです。

  • ボールを打つタイミングの「トトン」
  • 打点の位置は地面近く
  • スイングの振り始めはボールがバウンドする前

上記を意識しながら、ぜひショートバウンドにチャレンジしてみてください!

こんな記事もあります
⬇︎「ショートバウンドを覚えたい」と思ったら実際に練習してみよう!

グランドストロークをショートバウンドで打つための練習方法

2018年5月23日