テニスの1セットの流れとカウントの仕方




こんにちは、リョウジです!

1ゲーム終わるまでのスコアを自分で言えるようになったら、次に覚えたいのが、1セット終わるまでの流れとカウントの仕方です。

ここまで覚えれば、セルフジャッジの試合でスコアを言えるようになります。

テニスの1セットの流れとカウントの仕方

それでは、テニスの1セットの流れとカウントの仕方を見ていきましょう。

先に6ゲームをとったほうがセットをとれる

先に6ゲームをとったほうがセットをとれます。

ただし、相手から2ゲーム差をつける必要があります。

「6 – 4」なら2ゲーム差がついているのでセットをとれますが、「6 – 5」の場合はまだセットがとれたことになりません。

もう1ゲームをとって、「7 – 5」になったところでセットがとれます。

ただ、2ゲーム差をつけないかぎりセットがとれないと、なかなかセットがとれない事態が出てきます。

その事態を避けるため、「6 – 6」になった場合、タイブレークという方式で勝負をつける場合が多いです。

タイブレークの勝者が、そのセットを取得できます。

サーブ権の順番

サーブ権は、1ゲーム終わるごとに交代します。

ダブルスの場合もサーブ権が交互に移りますが、4人のプレーヤーが順番にサーブを打ち、4ゲームごとに1周するようにします。

コートチェンジのタイミング

コートチェンジは、最初の1ゲームが終わったら行います。

それ以降は、2ゲーム終わるたびにコートチェンジを行います。

そのセットのゲーム数の合計が奇数のとき、コートチェンジすると覚えるといいでしょう。

休憩のタイミング

コートチェンジするたびに休憩がとれます(ただし90秒以内に始めなければならない)が、1ゲーム目が終わったときのコートチェンジだけは休憩がとれません。

ベンチに座らず、そのままコートに向かいます。

セットが終わったときは、120秒以内の休憩がとれます。(セットブレークといいます。)

ゲームのカウントの仕方

ゲームのカウントの仕方は、下記のようになります。

【例1】
サーブ側が最初の1ゲームをとった場合
→ 1 – 0 (ゲームカウント・ワン・ラブ)

【例2】
お互いが1ゲームをとっている場合
→ 1 – 1 (ゲームカウント・ワン・オール)

【例3】
サーブ側が3ゲームとっていて、レシーブ側が4ゲームとっている場合
→ 3 – 4 (ゲームカウント・スリー・フォー)

セルフジャッジの場合、サーバーが各ゲームを始める前に、ゲームカウントをコールします。

スコアを言うときは、上記の例のように「自分のスコア → 相手のスコア」の順番にコールします。

ちなみに、セットのカウントの仕方は「2 – 1」だったら、「セットカウント・ツー・ワン」とコールします。

テニスのいろいろな試合ルール

プロの試合から草トーナメントまで、いろいろな試合ルールがあります。

5セットマッチ

5セットマッチは、先に3セットをとったほうが勝ちです。

もつれるとセットカウントが「3 – 2」のように、5セット戦うことになります。

5セットマッチは、男子の4大大会(全豪・全仏・全英・全米)に採用されています。

3セットマッチ

3セットマッチは、先に2セットをとったほうが勝ちです。

もつれるとセットカウントが「2 – 1」のように、3セット戦うことになります。

1セットマッチ

1セットマッチは6ゲームをとったほうが勝ちですが、2ゲーム差がついていないと勝てません。

「6 – 6」になった場合は、タイブレークを行うことが多いです。

8ゲームマッチ

8ゲームマッチは8ゲームをとったほうが勝ちですが、2ゲーム差がついていないと勝てません。

「8 – 8」になった場合は、タイブレークを行うことが多いです。

6ゲーム先取

6ゲーム先取は、その名のとおり先に6ゲームをとったほうが勝ちです。

1セットマッチと違うのは、2ゲーム差をつける必要がないことです。

「5 – 5」になったら、次の1ゲームをとったほうが勝ちです。

試合ルールによっては、「5 – 5」になるとタイブレークで勝負を決める場合もあります。

最後に…

初めて1セットを通してゲームをすると、ものすごく長く感じるかもしれません。

試合は長くなれば長くなるほど、試合の流れや体力が大事になり、思わぬ展開になることも出てきます。

試合のルールによって、戦略も変える必要があり、そこがまたテニスの楽しいところでもあります。