テニスのトロフィーポジションからのサーブ練習で、トロフィーポジションの条件について考える




こんにちは、リョウジです!

テニスのショットを段階的に練習する方法として、折り返し地点から打つ練習があります。

ショットの始まりから折り返し地点までを省いて、折り返し地点以降のスイングに絞って練習します。

サーブの折り返し地点は、「トロフィーポジション(トロフィーポーズ)」です。

トロフィーポジションからのサーブ練習で身につけたい技術は下記の3つです。

【トロフィーポジションからのサーブ練習で身につけたい技術】

  • トスアップ
  • トロフィーポジション
  • トロフィーポジションからのスイング

テイクバックなどのいろいろな動作を省いて練習したい動きの1つ、トロフィーポジションについて考えます。

テニスの各ショットを折り返し地点で分けてみる

2018年10月13日

テニスで各ショットの折り返し地点はどんな形か考える

2018年10月16日

トロフィーポジションとはサーブの折り返し地点

トロフィーポジションとは、テイクバックとフォワードスイングの折り返し地点です。

トロフィーポジションで静止しているわけではなく、サーブ動作全体の通過点に過ぎません。

しかし、トロフィーポジションでは一瞬止まっているように見え、ここから大きな力が生まれます。

伝えるのが難しいトロフィーポジション

トロフィーポジションのアドバイスには、下記のようなものがあります。

【トロフィーポジションでよくあるアドバイス】

  • タメを作る。
  • 両ひざを曲げる。
  • 前足に体重を乗せる。
  • お尻をつき出す。
  • 両肩のラインを傾ける。(後ろ側の肩を落とす。)

(テイクバックに関するアドバイスは割愛します。)

野球のように、遠くにボールを飛ばす球技をしていた人なら、ピンとくるアドバイスかもしれません。

しかし、そのような経験がない場合、上記のアドバイスをされても、どうやってタメを作るのか、なんでその動きが必要なのか、わからないと思います。

上記のアドバイスは、トロフィーポジションをとれる人が、自分の動きがどうなっているかを説明するときに出てくる言葉です。

トロフィーポジションの条件

では、トロフィーポジションをとれない人がとれるようになるためには、どうしたらいいでしょうか?

ひたすらサーブを練習してコツをつかむしかないのでしょうか?

でも、ひたすらサーブを練習するにしても、方向性を決めておきたいところです。

まずサーブを練習するに当たって知っておきたいのは、いいトロフィーポジションの条件です。

いいトロフィーポジションは、下記の条件を満たしています。

【トロフィーポジションの条件】

  • 力強いスイングができる。
  • フットアップスタンスにもフットバックスタンスにも対応できる。

力強いスイングができる

トロフィーポジションは、力強くラケットをスイングして、ボールを打ち抜くためにとります。

トロフィーポジションをとっていても、この感覚がなければ意味がありません。

体全体を使って遠投をすると、少なからずこの感覚が出てくると思います。

投球動作はサーブ動作と類似しているため、よく身体の使い方の練習として使われます。

しかし、投球動作自体がうまくできない場合、投球動作とサーブ動作の両方を身につけないといけなくなり、二度手間になってしまいます。

また、投球動作を練習する環境がない場合もあります。

遠回りをしないで、トロフィーポジションやサーブの動作を身につける練習方法が求められます。

【自宅でできるテニスの練習】サーブのトロフィーポジションを段階的に身につける

2018年12月13日

フットアップスタンスにもフットバックスタンスにも対応できる

サーブのトロフィーポジションには、後ろ足を前足に寄せるフットアップスタンスと、後ろ足を前足に寄せずに残すフットバックスタンスがあります。

後ろ足を前足に寄せようが寄せまいが、どちらのトロフィーポジションでも同じように打てるのが、正しいトロフィーポジションです。

要するに、後ろ足の位置以外はまったく同じトロフィーポジションがとれるかどうかです。

フットスタンスを変えただけで、トロフィーポジションのバランスが大幅に崩れることのないようにします。

「後ろ足の位置を変えても変わらないトロフィーポジション」

そのためには、前足に体重を乗せながら、後ろ足の位置を変えられる姿勢を見つける必要があります。

以上、「テニスのトロフィーポジションからのサーブ練習で、トロフィーポジションの条件について考える」でした。