テニスのボレーをフットワークと一緒にもう1度確認してみよう!

過去のリョウジ
ボレーのフットワークは、簡単のようで奥が深い…

こんにちは、リョウジです!

ボレーをフットワークと一緒にもう1度確認してみませんか?

できているところとできていないところを確認できると、うまく打つためにどこに意識を向けたらいいかがわかります。

足を動かしてアイドリング

いつでも動き出せるように、細かく足を動かして待ちます。

車でいうと、アイドリングです。(信号待ちでも、エンジンがかかっている車をイメージしてみてください。)

スプリットステップ+構え

相手がボールを打つときに、両足が着地するようにスプリットステップをします。

ジャンプすると言うよりは、両足を広げて着地するイメージです。

ラケット1本分くらいは、両足が広がるようにします。

テニスのスプリットステップのコツ【4つの悪い例から学ぶ】

2018年5月15日

ラケットは体から離して構えます。

両脇を開けて、両肘を伸ばし気味にします。

ラケットは立てておきます。

慣れるまでは、両肩が疲れるはずです。

軸足を決める+ラケットセット

軸足を斜め前に1歩出します。

軸足の方向は、斜め前向きです。

軸足の1歩は小さくてかまいません。

大きく1歩出すと次の1歩が遅くなります。

軸足の股関節をひねって、骨盤より上をターンします。

軸足に重心が移るので、自然ともう片方の足のかかとは浮きます。

浮いた足は、内側にしぼられるような形をとります。

ラケットは45度くらい外に引きます。

意識としてはラケットを引かないで、骨盤のターンでラケットセットをするイメージです。

肘は伸ばし気味にして、ラケットと前腕に角度をつけて、打つ準備をします。

ボールを打つ高さにラケットを用意します。

打点が低くなっていくと、ラケットは地面と平行になっていきます。

ネットを越える弾道で打てるように、ラケット面は寝かします。

打点が高くなっていくと、ラケットは地面と垂直になっていきます。

直線的な弾道で打てるように、ラケット面を起こします。

踏み込みながらインパクト

大きく足を踏み込みながら、ボレーします。

イメージとしては、ボールのインパクトと同時に足を踏み込む。

もしくは、ボールをインパクトしてから足が地面に着地するイメージです。

軸足の膝を曲げることで、前かがみになるのを防ぎ、身体のバランスを保てるようにします。

顔はインパクトに残すようにします。

ラケット面の開き具合を保ったまま、ボールの後ろから前にスイングします。

フォロースルーで手を前に出していくと、ラケット面は自然と上を向いていきます。

以上です。

ボレーは打ったあとも油断できません。

打ったら次に備えてすぐ構えること。

そして、構えると同時に次のポジションに入ることが大切です。