テニススクールに入会してテニスを始める人が最低限そろえたいもの

入会した人
テニススクールに入会して、テニスを始めるんだけど、何をそろえればいいの?

こんにちは、リョウジです!

テニススクールに入会したけれど、何をどう選んだらいいかわからない…

そんな方はぜひ読んでみてください。

【ラケット】テニススクールのレンタルラケットを試しながらコーチに相談【すぐに購入したい人はこのラケット】

ラケットは新品で買うと3万円以上かかる場合もあるので、慎重に選びましょう。

テニススクールでレンタルラケットがあれば、最初はいろいろ借りて試してみるのがいいと思います。

ラケットにはいろいろな種類があり、合わないラケットを使い続けると、上達が遅くなります。

さらには、無理な打ち方をしてしまい、そのまま続けると肘や手首を痛めます。

なので、どんなラケットが自分に合うか試してから購入したほうが、失敗しなくて済みます。

自分に合うラケットがわからなくても、テニススクールのレンタルラケットで試しながら、実際に自分のプレーを見ているコーチに相談するとアドバイスしてくれます。

実際に買う前は、下記をコーチに相談しましょう。

  • 「重さ・ラケットフェイスの大きさ・フレームの厚み」が自分に合ったラケット
  • 自分に合ったラケットのグリップサイズ
  • ストリングの種類
  • テンション(ストリングを張る硬さ)

自分に合ったものを提案してくれるはずです。

テニススクールでラケットの販売や取り寄せをしていれば、ラケットやストリングを全部まかせてしまうこともできます。

レッスン初日前に、どうしても購入したい方は、こちらのラケットをオススメしておきます。

【ピュアドライブ】男性が振りやすく、相手のボールに負けない重さの300グラム(※グリップサイズに注意!※ストリングなしです)⬇︎

【ピュアドライブ チーム】女性が振りやすく、相手のボールに負けない重さの285グラム(※グリップサイズに注意!※ストリングなしです)⬇︎

ピュアドライブシリーズは、ラケット・ストリングともに定評があるメーカーバボラの代表するラケットです。

初心者からトッププロまで、レベルを問わず使えるモンスターラケットと言われています。

他のラケットメーカーにも同じようなスペックのラケットはありますが、同じ名前の後継ラケットが発売されず、なくなってしまうものもあります。

そうなると、いつかラケットを新しく購入するときに1からラケット選びをしなくてはなりません。

ピュアドライブシリーズは、同じ名前の後継ラケットがずっと消えないという意味でオススメです。

ラケットはストリングなしのフレームのみです。

テニススクール・テニスショップ・スポーツショップ(テニスの張り替えを受付しているところ)などで、ストリングの購入とラケットへの張りをお願いする必要があります。

オススメのストリングも紹介しておきます。超人気のストリングです。

ヨネックスのエアロンスーパー850はマルチフィラメントというやわらかい打感になる構造をとっています。

コストパフォーマンスが高く、ストリングの色も4色(ホワイト・ブラック・イエロー・ピンク)から選べて、ラケットとのコーディネートを楽しむことができます。

インターネットでストリングのみを購入する場合、ストリングの張りをスクールかショップにお願いすることになります。

いろいろなストリングを安く購入できるのはいいのですが、ストリングを持ち込むと張り代以外に持ち込み料がかかります。

【ストリングをインターネットで安く購入+張り代+持ち込み料】【スクールかショップでストリングを購入+張り代】の値段を比べてどちらにするか決めてみてください。(使いたいストリングがスクールやショップにない場合、インターネットで購入するしかありません。)

ヨネックスのエアロンスーパー850を購入した場合のテンション(張る硬さ)は、コーチに相談するのが1番いいですが、無難なテンションを下記に書いておきます。

  • 男性 ⇒ 48ポンド(力に自信がある方は50ポンド
  • 女性 ⇒ 47ポンド(力に自信がない方は45ポンド

ラケットにストリング以外でつけるものと言えば、グリップテープ振動止めです。

初心者にオススメのグリップテープはこちらです。

ヨネックスのウェットスーパーグリップは色を10種類以上から選ぶことができます。

ヨネックスのウェットスーパーグリップはひっぱるとよく伸びるので、難しい巻き始めのところでも苦労することなく巻くことができます。

まとめて購入するとお得な3本セット5本セットもあります。

振動止めは、付ける派と付けない派がいます。

付ける派のほうが多いです。

打った後のストリングの振動を止めてくれ、肘の負担を減らします。

錦織圭選手も使用しているキモニーのクエークバスターが人気です。

カラーも豊富で、選びがいがあります。

振動止めを付けない派は、ボールを打ったときの打感を大切にしている方です。

振動止めをつけないほうが打感がクリアです。

振動止めをつけると、打ちごたえが出て、必要以上に打ちすぎてしまう場合もあるので、必ずしもつけるのがいいとはかぎりません。

振動止めのありなしで、どちらの打感が好みか打ち比べて決めましょう。

とにかく、初めてラケットを買うときは、試打をしてコーチに相談すれば間違いないです。

【シューズ】同じサイズでもメーカーで形が違う【初めて買うときは両足の試し履きは必須】

初めてテニスシューズを買うときは、近くにあればテニスの専門店がオススメです。

テニスシューズの種類とサイズが豊富です。

テニスシューズは、コートサーフェスで種類が分かれます。

テニスシューズを購入する前に、テニススクールのコートの種類を確認しておきましょう。

主に、【オールコート用】【オムニ・クレーコート用】【カーペットコート用】の3種類です。

  • 【オールコート用】は、ハードコートやカーペットコートで使用できます。
  • 【オムニ・クレーコート用】は、砂入りオムニコートやクレーコートで使用できるソールの溝が深いシューズです。
  • 【カーペットコート用】は、インドアのテニススクールで多いカーペットコート用で、ソールに溝がなくツルツルです。

メーカーによって、同じサイズでも足が入る形が違います。

同じメーカーでも、コンセプトが違えば履き心地や締め付け具合も違います。

足の大きさや形は左右で若干違うので、必ず両足とも試し履きしてください。

また、サイズが合っているようでも、急ブレーキをしたときに指が痛くならないかをチェックすることをオススメします。(定員さんに怒られない範囲で。)

これをチェックしないと、テニススクールのレッスンで小指が痛くて我慢できず、後で買い直す羽目になるかもしれません。

試し履きをするときは、できればテニスで使用する厚めのソックスを履いておくと間違いないです。

試し履きを1度することが条件になりますが、私がいつも購入しているものを紹介します。

【オールコート用】ハードコート・カーペットコートで使えます⬇︎

【オムニ・クレーコート用】⬇︎

昔、違うテニスメーカーのシューズを使っていたのですが、アシックスの上位モデルを履いたとき、あまりの履き心地のよさに感動してしまいました。

それ以来、アシックスのシューズを履いています。

上で紹介しているシューズはアシックスのエントリーモデルなので、上位モデルに比べると履いたときに少し硬さを感じます。

できるかぎり性能のいいシューズを使いたいところですが、シューズは消耗品です。

何度となく購入することを考えると、格安でアシックスのシューズが手に入るのはありがたいです。

テニスをするときも、試合に行くときも、このエントリーモデルでストレスなく楽しんでいます。

ソックスも消耗品なので、そのうち穴が開きます。

3足セットをオススメします。

【22-25cm】⬇︎

【25-28cm】⬇︎

もう1度おさらいします。

同じサイズでもメーカーで形が違うので、初めてテニスシューズを買うときは必ず両足とも試し履きしましょう。

同じシューズもしくは後継モデルをリピートするなら、次からネット購入でOKです。

【ウェア】テニスウェアにこだわらず好みで選んでいいけれど機能性は大事

テニスウェアにこだわらず、スポーツウェアで好みのデザインを選んでもいいと思います。

でも、機能性は大事です。

通気性や吸汗速乾、UVカットなど快適にテニスができるウェアを選ぶことをオススメします。

テニスウェアにこだわるならこちらをどうぞ。

【ユニセックス】Tシャツ 色とサイズが選べます。⬇︎

【レディース】シャツ 色とサイズが選べます。⬇︎

【ユニセックス】ハーフパンツ 色とサイズが選べます。テニスボールを入れるポケットがあることも大事です。⬇︎

【スカート】色とサイズが選べます。ボールを入れるポケットがあるものが便利。⬇︎

【ユニセックス】ジャケット 色とサイズが選べます。寒い冬には必要です。⬇︎

【ユニセックス】パンツ 色(黒か白)とサイズが選べます。寒い冬には必要です。⬇︎

テニスウェアにこだわらず、機能とコストで選ぶなら、ユニクロがいいと思います。

ドライEXのTシャツ・ポロシャツ・ハーフパンツや、上から羽織るドライストレッチフルジップパーカとドライストレッチスウェットパンツを買えば、全部必要なものはそろいます。

上記のユニクロ商品は、錦織・国枝・フェデラー選手たちが着ているカッコイイテニスウェアではありませんが、着心地はとてもいいです。

最後にもう1度。

テニスウェアにこだわらず恰好から入るのはいいけれど、機能性のチェックは忘れずに!

以上、「テニススクールに入会してテニスを始める人が最低限そろえたいもの」でした。

少しでもお役に立てたらうれしいです。