空いた時間にテニスのレッスンが受けられるフリークラスとは?

こんにちは、リョウジです!

テニススクールは通常どこかのクラスに在籍して通うシステムです。

ですが、下記のような方にはこのシステムは向いていません。

テニスしたい人
固定のクラスに在籍しても、仕事の残業で通えるか不安…
テニスしたい人
休日が不定期なので、決まった曜日に通えない・・・

そんな方にオススメなのが、在籍クラスを持たないでテニススクールに通えるフリークラスです。

実際に利用していたわたしが、フリークラスについて解説します。

空いた時間にテニスのレッスンが受けられるフリークラスとは?

空いた時間にテニスのレッスンが受けられるフリークラスとは?

フリークラスとは、在籍クラスを持たずに好きな時にレッスンを受講できるクラスです。

テニススクールの1クール中に、決められたレッスン数を受けるシステムです。

受けられるレッスン数に応じて月会費が違うスクールもあります。

好きなときにレッスンを受けられるメリットがある一方、下記のデメリットがあります。

  • レギュラークラスのように籍を確保されていない
  • 決まったクラスに籍を置くレギュラークラスに比べて1レッスンの料金が高い
  • 定期的にレッスンを受けられないため習慣にしづらい

特別な理由がなければ、レギュラークラスに通ったほうがお得です。

テニススクールのフリークラスはどんな方にオススメ?

テニススクールのフリークラスはどんな方にオススメ?

フリークラスをオススメできるのは下記の場合です。

  • テニススクールに通える時間が不定期
  • いろいろなコーチのレッスンを受けたい
  • 周りと深く関わらずテニスに集中したい

テニススクールに通える時間が不定期

仕事の残業や不定期な休日で、いつも決まったクラスに通うのが難しい方にとって、フリークラスは救いです。

空いている時間をうまく使って、テニスを楽しむことができます。

ただし、毎月2回以上同じクラスに通える場合、レギュラークラスに通ったほうがいいかもしれません。

フリークラスは、レギュラークラスに在籍するより月会費が高くなります。

固定のクラスに在籍して振替したほうが、振替料を含めても安く済む可能性があります。

しかも、レギュラークラスは籍を確保できます。

いろいろなコーチのレッスンを受けたい

1人のコーチに縛られず、いろいろなコーチのレッスンを受けてみたい方にもフリークラスはオススメできます。

レギュラークラスに通っていると、良くも悪くも担当コーチがキッチリとテニスを見てくれます。

テニスを始めた頃は右も左もわからない状態なので、レギュラークラスに通って担当コーチに教えてもらうのがいいと思います。

逆に、コーチの指導はほどほどにして、テニスを楽しみたい生徒さんもいます。

いろいろなコーチのレッスンを受けられます。

いろいろな生徒さんとテニスを楽しめます。

担当コーチの目を気にして、他のコーチのレッスンを受けにくいと感じている方、いつも同じ生徒さんで退屈している方には試す価値があります。

また、いろいろなコーチのレッスンを受けることで、いろいろな視点からアドバイスをもらえ、新しい気づきに出会えるかもしれません。

テニスが停滞していると感じたら、1度フリークラスに身を置くのも手です。

ただし、テニス歴が短い方は要注意です。

コーチのいろいろなアドバイスを全部受け止めてしまうと混乱します。

コーチからのアドバイスを、自分で取捨選択する必要があります。

周りと深く関わらずテニスに集中したい

テニススクールに長く在籍していると、クラスの生徒や担当コーチと仲良くなっていきます。

定期的に飲み会をやったり、忘年会をするクラスもあります。

そういうテニス以外の交流が煩わしく感じ、テニスのみに集中したい方にフリークラスはオススメです。

クラスを転々とすることで、周りの生徒さんやコーチとも距離が保てます。

逆に、テニス仲間がほしい方やコーチのことをもっと知りたい方にはフリークラスは向きません。

テニススクールのフリークラスで気をつけたいこと

テニススクールのフリークラスで気をつけたいこと

わたしがフリークラスに在籍していたときに、気をつけていたことを紹介します。

希望クラスに空きがあるか確認

希望したクラスに空きがなければ、レッスンを受講できません。

わたしは、下記に気をつけながらレッスンを予約していました。

  • 空き状況をチェックして候補日をしぼる
  • 受けたいクラスが決まっていれば何人空いているか確認
  • 受けたい日時が決まったら早めに予約

WEB予約が可能であれば、マメに空き状況をチェックしておくと、レッスンを受ける候補日をある程度絞れます。

ある程度受けたいクラスが決まっていれば、事前に受講者を確認して定員まで何人くらい空いているか確認しておきます。

受けたい日時が決まったら、早めにクラスを予約して籍を抑えます。

とりあえず籍を抑えておいて、キャンセル可能な期間中に予約を取り消したりもしました。

レッスンを消化できるか

フリークラスは、油断していると期間内にすべてのレッスンを消化できなくなります。

フリークラスは、固定のクラスに在籍している方よりレッスンを消化するハードルが高いです。

空いている日時には早めに予約して、計画的にレッスン消化を目指しましょう。

すべてのレッスンをすぐに消化できる方は問題ありません。

わたしのようにレッスンがなかなか受けられず、期限ギリギリで消化を繰り返しているとフリークラスはしんどいです。

最後に…

フリークラスでテニススクールを継続できるかはレッスンを消化できるかどうかがポイントになります。

また、フリークラスはアウトドアのテニススクールよりもインドアのテニススクールに向いています。

インドアの方が営業時間が長くとれ、選べる時間帯が多い傾向があります。

アウトドアのように天候の影響を受けないので、予定通りレッスンを消化することも可能です。

忙しくて不定期になってもテニスを楽しみたい。

そんな方はフリークラスを利用して、空いた時間でテニスを楽しみましょう!