【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習




こんにちは、リョウジです!

自宅でできるサーブのトスアップの練習を紹介します。

この練習をオススメしたいのは、膝の曲げ伸ばしを使ってトスアップしてしまう人です。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習

両膝をついてサーブのトスアップ練習をするやり方を説明します。

まず、打点の真上に当たる天井にテープなどで目印を付けます。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習

両膝をついて、天井の的に向かってトスアップを練習します。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習

ボールに回転がかからないように、指や手首、肘の関節を使って上げないようにします。

腕に余計な力が入るようなら、ボールを持った腕を上下に何度か往復させてリラックスしてからトスアップします。

トスアップの練習はたくさんできますが、腕はかなり疲れます…

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

両膝をついてサーブのトスアップ練習をする効果は下記のとおりです。

【両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果】

  • 膝の曲げ伸ばしを使わないで腕だけでトスを上げる練習ができる
  • ボールを上げたい場所を見ながらトスアップする習慣がつく
  • 的を2つ作ればトスアップの調整力を養うことができる

膝の曲げ伸ばしを使わないで腕だけでトスを上げる練習ができる

膝の曲げ伸ばしの勢いを使ってトスアップしてしまう人の矯正法として使えます。

両膝を地面につけることで、腕だけでボールを上げる練習ができます。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

ボールを上げたい場所を見ながらトスアップする習慣がつく

天井の的を狙いながらトスアップの練習をするので、 ボールを上げたい場所を見ながらトスアップする習慣がつきます。

漠然とボールを上げるのではなく、自然と狙ってトスアップするようになります。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

的を2つ作ればトスアップの調整力を養うことができる

的を2つ作って練習すると、トスアップの調整力を養うことができます。

風が吹いていたり、太陽や照明が眩しいときは、打点の位置を変えて打つ必要があります。

打点の位置を変えるには、トスを上げる方向やボールを離すタイミングを変更します。

2つの的にボールを狙うことで、それぞれ腕をどの方向から上げたらいいか、どのタイミングでボールをリリースするかを練習できます。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

【横方向からトスしてボールを離すタイミングを変えた場合赤い線上に上がる】

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

【斜め方向からトスしてボールを離すタイミングを変えた場合赤い線上に上がる】

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の効果

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の欠点

このトスアップの練習方法には上記のような効果がありますが、決して万能な練習とは言えません。

実際のサーブでは、トスアップとトロフィーポジション(トロフィーポーズ)をセットで考えなくてはいけません。

両膝をついたトスアップ練習は、トロフィーポジションを無視して行います。

トスアップしながらトロフィーポジションをとると、両肩を結ぶラインは傾きます。

両肩を結ぶラインを傾けることを計算に入れると、ボールを少し前に上げる感じでトスします。

このトスアップ練習では、両肩を結ぶラインは大して傾きませんので、ボールを少し前に上げる感覚はありません。

トロフィーポジションでタメを作れば作るほど、両膝をついたトスアップ練習との誤差が大きくなります。

両膝を地面につけるトスアップ練習は効果がありますが、やはり実際にサーブする練習に勝るトスアップ練習はありません。

トスアップと同時に、前足へ体重移動していくトロフィーポジションをとる練習が必要です。

【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の欠点
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の欠点
【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習の欠点

腕だけにフォーカスしてトスアップ練習を行いたい場合に、このドリルを活用しましょう。

以上、「【自宅でできるテニスの練習】両膝をついてサーブのトスアップ練習」でした。