【自宅でできるテニスの練習】壁を使って、フォアボレーよりバックボレーを鍛えよう!

こんにちは、リョウジです!

自宅でできるテニスの練習の1つにラケッティングがあります。

テニスを始めたら、まずはラケッティング!ボールとラケットに慣れる練習方法を紹介します。

2018年9月4日

地味ですが、ラケットとボールに慣れることができ、グレーディング(力の強弱の調整)の練習にもなります。

過去のリョウジ
ラケッティングより、もっと実際のテニスに役立つ練習がしたい!

もし、スポンジボールと練習に使える壁が自宅にあれば、もう少し実際のテニスに役立つ練習が可能です。

自宅の壁を使って、シンプルにボレーの練習をするなら、フォアボレーよりバックボレーを徹底的に鍛えることをオススメします。

理由は3つあります。

バックボレーの苦手意識がなくなる

フォアボレーより練習量の少ないバックボレーの苦手意識がなくなります。

バックボレーは、フォアボレーに比べて下記の3つが劣っている場合が多いです。

  • 身体をターンする反応
  • 力の入る打点の把握
  • ラケット面のコントロール

この3つがバックボレーの徹底的な練習で改善されれば、苦手意識はなくなります。

自宅の壁でバックボレーを徹底的に練習するときは、両足のつま先は壁に向けてオープンスタンスをとります。

スタンスはそのままで、ラケットを身体の前に大きく突き出し、左肩を後ろに引くと、半身の姿勢が作れます。(右利きの場合。)

半身の姿勢でバックボレーを打ち続ければ、身体のターンの反応はよくなります。

ここから、力の入れやすい打点とラケット面の向きを打ちながら探っていきます。

コンチネンタルグリップでボレーができるようになる

テニスを短期間で上達させるメソッドが書いてある新しいテニス入門 最短でうまくなるレッスンDVD (新しい入門書シリーズ)では、ボレーを習得する5ステップの最初に、バックボレーのみのボレーボレー練習が盛り込まれています。

「新しいテニス入門」では、バックハンドだけのボレーボレーで下記を実感できると書いてあります。

ボレーボレーを続けていくうちに、打点を前にするには薄いグリップ(コンチネンタルグリップ)が最適だとわかるはずです。

フォアボレーばかり練習していると、フォアボレーが打ちやすいグリップになっていきます。

多少フォアよりのグリップでもバックボレーが打てる、もしくはグリップチェンジしてバックボレーが打てるようなら問題ありません。

もし、ボレーの基本的な技術を習得している最中であれば、まずはフォアボレーとバックボレーの両方が打てるコンチネンタルグリップで握りましょう。

バックボレーだけを徹底的に練習することで、ボレーをコンチネンタルグリップで打てるようになります。

コンチネンタルグリップの習得は、ボレーでけではなく、スマッシュとサーブの上達にも関わってきます。

身体の正面に来たボールに強くなれる

バックボレーを徹底的に鍛えると、身体の正面に来たボールに強くなれます。

身体の正面にきたボールは、フォアボレーよりバックボレーのほうが返しやすいからです。

自宅の壁でバックボレーを徹底的に練習するときは、両足のつま先は壁に向けて、半身になって打ちます。

壁打ちでは時間的余裕がないので、片手打ちの方は利き手だけでグリップを握り、非利き手のサポートなしでバックボレーします。(両手打ちの方は両手でOKです。)

両足の間でバックボレーを打てば、身体の正面に来たボールの練習ができます。

打ちやすい打点は身体のかなり前方にあります。

利き腕に疲れを感じてきたら、グリップを短く持つとラケットを楽に支えられます。

【自宅でできるテニスの練習】壁を使ってフォアボレーよりバックボレーを鍛えよう!

量をこなすためにグリップを短く持つ

以上、「【自宅でできるテニスの練習】壁を使って、フォアボレーよりバックボレーを鍛えよう!」でした。