テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると厚い当たりで打てるようになる

こんにちは、リョウジです!

ハイボレーよりスピードを出せて、バウンド後の威力もある。

トップスピンがかかり放物線を描くので、コートに入る確率も上がる。

浮いたボールをノーバウンドでしとめるドライブボレー(スイングボレー)を練習するメリットについて書きたいと思います。

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると厚い当たりで打てるようになる

グランドストロークのグリップでドライブボレー(スイングボレー)を練習すると、厚い当たりでグランドストロークが打てるようになります。

後ろから前にスイングしてボールを後ろからしっかり潰さないと、相手コートに飛んでいかないからです。

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると厚い当たりで打てるようになる

【後ろから前にスイング】

上から落ちてくるボールをとらえるので、フラットにとらえても自然とボールに順回転がかかります。

特に、厚いグリップでスピン過多になってしまう人に、ドライブボレーの練習はオススメです。

ドライブボレーのノーバウンドで打つ練習で、厚い当たりの打感を知ることができます。

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると高い打点で打てるようになる

ドライブボレー(スイングボレー)を練習すると、高い打点で打てるようになります。

ボールをノーバウンドでとらえるので、落ちてくるボールの高さを選んで打てるからです。

ボールがバウンドするタイミングを気にせず、テイクバックするタイミングやフォワードスイングを開始するタイミングに集中できるので、高い打点で打つのがやさしくなります。

ボールの軌道に入る難しさはあるものの、ボールをワンバウンドさせて打つことに比べればやさしいはずです。

高い打点ほどインパクトでラケットヘッドが上がるので、テイクバックでラケットを立てておくと打ちやすいです。(ラケットをどれくらい立てるかはグリップの厚さにもよります。)

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると高い打点で打てるようになる

【テイクバックでラケットを立てておく】

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると力が入りやすい打点で打てるようになる

ドライブボレー(スイングボレー)を練習すると、力が入りやすい打点で打てるようになります。

力の入りにくい打点でドライブボレーを打ってしまうと、ノーバウンドでボールが落ちてくるためボールの衝撃が腕にきます。

楽にボールを飛ばせるように、身体から十分離れた前の打点でボールをとらえる必要があります。

テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると力が入りやすい打点で打てるようになる

【前の打点でボールをとらえる】

繰り返しノーバウンドでボールを打ちながら力が伝わる打点を見つけて、楽にボールを飛ばせるようになりましょう。

また、ドライブボレーが打ちやすい身体の前の高い打点で打てるように球出しすることも大切です。

以上、「テニスのドライブボレー(スイングボレー)を練習すると厚い当たりで打てるようになる」でした。