テニスのサーブのテイクバックを逆算して最初の構えを決めてみよう

こんにちは、リョウジです!

サーブの最初の構えは、サーブを教わったときに覚えたと思います。

でも、トロフィーポジション(トロフィーポーズ)からのスイングが最大限しやすいように考えると、最初の構えを見直す必要があるかもしれません。

トッププロを見ても、サーブの最初の構え方はいろいろです。

テニスのサーブのテイクバックを逆算して最初の構えを決めてみよう

サーブで自分に合うテイクバックの仕方が決まったら、テイクバックから逆算して最初の構えを決めてみましょう。

理由は、最初の構えとテイクバック方法が合っていないとムダな動きが間に入ってしまい、スムーズにテイクバックができないからです。

トロフィーポジション(トロフィーポーズ)でのラケットの位置は同じでも、テイクバック方法によってラケットが通る軌道は違ってきます。

ラケットが通る軌道の違いで、最初の構えでのラケット面の向きも変わってきます。

スマッシュのようにまっすぐラケットを引いたり、一度ラケットを高く上げてから下ろす場合は、最初の構えで打球面をふせておいたほうがスムーズです。

ラケットを身体の正面から引き上げる場合は、最初の構えで身体の前にボールを抱えるような空間を作って、打球面を上向きにします。

ラケットを後ろから回す場合は、ラケットを下から回しやすいようにラケット面を立てておきます。

テニスのサーブのテイクバックは大きく分けると3種類

2019年1月25日

サーブの最初の構えではラケットをどこまで巻き戻すか

テイクバックを逆算して最初の構えを考えると、ラケットをどこまで巻き戻すのかは迷うところです。

最初の構えでラケットをどこまで巻き戻すかは、体重移動の長さやトスアップのモーションの大きさによります。

体重移動やトスアップに合った位置にラケットを構えないと、タイミングよくトロフィーポジションでラケットが立ちません。

もしくは、必要以上にゆっくりラケットをテイクバックしたり、急いでテイクバックして、タイミングを合わせないといけません。

そうなると、不必要な力みが生まれたり、身体のバランスを崩してしまいます。

例えば、体重移動する時間が長い場合は、テイクバックにとれる時間は長いです。

したがって、最初の構えではラケットを巻き戻していき、前の方にセットします。

逆に、体重移動する時間が短い場合は、テイクバックにとれる時間は短いです。

最初の構えではラケットを巻き戻す距離を短くして、大きく前に構えないようにします。

テニスのサーブの体重移動は大きく分けて2種類【さらに前足のつま先をどうするか】

2019年2月2日

体重移動以外にトスアップとのタイミングも合わせないといけません。

トスアップとテイクバックのタイミングが合うように、最初の構えでボールをラケットのどの部分に添えるかを考えます。

トスアップに合わせてラケットをテイクバックする距離を伸ばしたい場合は、両手の距離を縮めて構えます。

逆に、トスアップに合わせてラケットをテイクバックする距離を縮めたい場合は、両手の距離を離して構えます。

詳しくはこちらをご覧ください。

サーブの最初の構えはラケットのどこにテニスボールを添えるか

2019年1月24日

最後に…

簡単にまとめると下記のようになります。

【サーブの最初の構え方】

  1. テイクバックを逆算して最初の構えを考える。
  2. テイクバックしたとき体重移動に合うようにラケットをどれくらい巻き戻すか考える。
  3. テイクバックがトスアップと合うようにボールをラケットのどの部分に添えるか考える。

面倒ですが、気持ちよくトロフィーポジションからのスイングが迎えられるように、サーブの最初の構えにこだわってみてください。